« 荷開き祭に行って来ました | トップページ | 装苑がすごい! »

2006.11.30

続く

ここ一年、何人いただろう。本当に続く。なんでこんなに続くのかな。

先日は、私の母方のおばあちゃんが亡くなった。
身内や身近な人があまりにも立て続けなんで、これはきっと何か、悪い兆候だ、お祓いをしてもらおう!
、、、と思った事もあった。
でも、ふと思った。きっと違うんだ、これには訳があるんだ。
そうでないと納得できない。

きっと、おばあちゃんたちは、子孫がしっかりやっていける、もう大丈夫、って思ったんじゃないかな。
そんで、どうせいくならみんなで一緒の方が楽しいって思ったんだろうな。
都合良く考えて、そんな感じかな。はは。

亡くなるって何だろう。生きてるって何だろう。
、、、って、イヤでも考えさせられるこの頃。
おばあちゃんたちの事を思い出すと、いろんな思い出がよみがえってくる。
お茶の摘み方教わったっけ。かまぼこの飾り切りも教わったっけ。
カマで手を切って「痛かった」って言ってたな。黒あめくれたっけ。
そういう思い出を残してくれた事が、生きてた、っていう証なのかね。
ならば、証を知らしめる事が亡くなるってことかな。
自分は何を残せるんだろうなあ。
私がいなくなったときに、だれかが編み物したり、糸紡いだりして
思い出してくれたらいいなあ。

あした買い物しよっと。
かまぼこ切ってみよう。
あの時はうまく切れなかったけど、うまくいくかなあ。


こんな事を考えながら、糸を紡いでいる。
紡ぎは物思いにふけるにはもってこい。
お腹は空くし、冗談言って笑ったりもしてる。
生きてるんだなあ。


061130_godland

« 荷開き祭に行って来ました | トップページ | 装苑がすごい! »