« アナンダで巨大フェルト講習&ダンス発表会 | トップページ | 無謀な挑戦 »

2007.01.24

巨大フェルトその後&綿紡ぎ

070123_feltmat

※番手計算の数字を書き直しました(1/25)

先日作った巨大フェルト、居間でこんな具合に敷いてます。ふっかふかでいい気持ちだし、色の感じはとっても気に入っています!もともとの希望だったスカンジナビアのスチールグレーは多分、濃すぎちゃったんだろうな。「フェルト化しにくいです」と言われて、当日あわててコリデールに変えて正解でした。


070123_feltmat2
表面をちょっとアップ。
あんまり近づけると、ほこりがいっぱいなので、この位で^_^;雰囲気が伝わるかな〜。



070123_ramcotton
タクリがおもしろくって止まらない。
昨日、紡いだ分の番手を計算してみたら7g98m、約14番手でしょうか。(※teaさんに教わった数値に当てはめて再計算=8.27番手)この数字をどう見るのか、よくわかりません。でも、98mで7gしか使わないんだったら、100gでものすごい距離になるな〜!なんとなくうれしい。

↑写真は、ラムウールと綿を合わせて双糸にしてみた所です。(太いのがラム、細いのが綿)羊毛だけと違って、なんとも素朴な雰囲気が出てすっごく気に入りました。綿だけだと編み地がだれてしまいそうだし、何より紡ぐのが大変!なので、こんな風にしてみたのでした。こちらも大正解〜。
でもさ、「ラム」と書かれてユザワヤで買ったこの羊毛、何の「ラム」なのかしら、、、?

今日は、写真をデジカメで撮ってみました。いつもより見やすいと良いのですが。
(普段は携帯なのです)
あ〜ちゃん、どう〜?

« アナンダで巨大フェルト講習&ダンス発表会 | トップページ | 無謀な挑戦 »

コメント

すごーい。素足で歩いてみたい、気持ちのよさそうなフェルトです。大変だったでしょうね~ それに、きれいな撚りができましたね。これも、さわりたい。おもわず写真に向かって手が伸びてしまいます。ところで、ウメノキゴケ、赤くなりました?うちのは、まだいまいち。赤茶だけど、あの濃いピンクがまだない・・・調べたところによると、日本のコケは3週間、北米のは16週間かかるんだって!が~~~ん

えっと、綿の場合の番手の出し方ってちょっと違います。
重さが1ポンド(453.6g)、長さが840ヤード(767.76m)の糸の太さが1番手。
の換算になるんです。m/gでは出せないんです。
フェルトマット、とってもふんわかしていてて気持ちよさそう。裸足でいたくなりますね。いいな~、アナンダが近かったら挑戦しに行くのに~~~。

>Tamamiさん
そうなんです、素足がとっても気持ち良いですよ♪
撚り具合は、実はムラが多いのですが、それはそれで気に入っているのです。コットンの素朴さ、最高です!

ウメノキゴケは、もう、すっかり濃縮ボルドーになりました!瓶は一瞬、マ真っ黒に見えるくらい。北米のコケは16週??!長い~!!今のうちに、一杯仕込んでおきたいですね。うちのは、できれば週末に、染めてみようと思っています。

>teaさん
綿の番手計算は計算が違うんですね!その数字の比率に従って計算しなおしたら8.27番手になりました。教えてくださってありがとうございます。

フェルトマットは、アナンダ特性のジャンボビニール袋が必要なので、今のところ多分アナンダでしか作れないんでしょうね、、、。でも、こんなに大きくなくても、布団圧縮袋に羊毛を入れて空気を抜いたものをローリングすれば、この約半分の大きさのフェルトシートができる、と店員さんに教わりましたよ!

うんうん。写真すっごく見やすいし、物体の雰囲気もよく伝わってくるよ~♪^^
ありがとっ。じゃあ、この調子で今後もデジカメでお願いね!(今度会った時に、また使わないように携帯のカメラレンズを油性ペンで塗り潰しといてあげるからさ。笑)

フエルトマットの上で、しーちゃんが早速遊んでるね☆フッカフカなんだ~私もゴロゴロしてカットしに行きたーーーい!!(笑)
いやでも、せっかく家族全員で来たんだもんね。家族みんなで使える作品になって良かったよね^^v
ウールと綿の双糸も面白いね!!なんかシルク&ウールの双糸っぽくにも見える。
綿がつやつやしてるの?がみちゃんはきっとこの糸を染めるだろうから、またまたその後が楽しみ☆

>あーちゃん
写真良かった?デジカメも、思ったより使いにくくないことがわかったので、できる限り使おうかと思うよ。今まではサーバの容量を気にするのもあって携帯にしていたんだけど、まだ一杯余裕があるので気にしないことにする!携帯カメラのレンズを油性ペンで、、、、さすがあーちゃん!悪魔だわ(笑)
マット、ふかふかだよん。カットするならフリースマットちょうだい。ぷぷ。
糸は多分、どちらかといえば羊毛の方が光ってるんじゃないかな。染めるつもりなんだけど、綿って撚り止めで一度煮ないと、汚れとか出てくるらしいので、計画していた「撚り止め&染め一緒くた!技法」は採用できないらしい。双糸を煮てから染めだな。ラムが痛みそうだけど、、、T_T

ふかふかが伝わってくるよ~ こんなかなあなんて想像しちゃった♪
すごい体力作品だね!!あたしゃ~ちっこいポーチこすってるだけでまだ?まだ?って思ったよ。
タクリも興味あるんだよね~ タクリはぶら下げて回すの?それともサポート風?
動画でも載せてほしいもんだのう。

座布団くらいだったら作れるかな~。なんだかやってみたくなっちゃったわ~。ところで、がみちゃんはタクリ使ってたら指に蛸というか豆できませんでした?私は中指に豆が(今はたこになってる)ができるので、あんまり長いことタクリを使えないんです。でも、タクリって高速回転してくれるから、回してると楽しいけれどね~。

teaさん、座布団ぐらいだったら余裕で作れますよ!
写真、「ウチか~?!」って思ったよ。ちびもブロックやらおもちゃやら広げて遊んでます。(愚痴、伊くんはどうやらこのフェルトが嫌いらしくて捲り上げて座ってる、ちくしょ~!)
私のと繊維の方向が違うのでそれだけでも雰囲気が違うものなのね。もっとまだらだし~。足裏気持ち良いよね、作って良かったよ。
綿糸も面白く作ってるね、今度見せてね。

>maryちゃん
返信遅れてごめんね!
私も、家でポーチ作っていた時は「なんて大変なんだ!」と思ったんだけど、ちゃんと店員さんに必要な材料や道具をそろえてもらって指導も付けば、こんなに簡単なんだな、って思った。この次は、きっと家でももう少し要領良く作れると思うんだ!
タクリはテーブルの上に置いてまわしてるよ。
動画か〜、そうだね、、、、考えるよ。(nobopが)

>teaさん
座布団くらいなら、要領さえわかれば簡単にできるんじゃないかな、と思いますよん。いっぱい羊毛使って分厚いの作るか、薄めのを二枚作って綿つめて張り合わせるか、どっちでもいいですし♪
タクリでタコはできた事無いです。多分、そんなに長い時間回していないからかもしれないですね。がんばっているつもりだけど、トータルすれば、タクリ歴は多分、10時間くらいだと思うので^_^;

>うきさん
座布団なら、もう作れるよね、きっと!
うきさんちに似てる?子供のいる家はどこも御味用な状況になるのね、きっと。
それにしても、せっかくのフェルトをまくり上げて座るとは!伊君め、許せん!(笑)
そうそう、例の講座は申し込んだよ。まだ返事が来ないので、また連絡するね。

先週はお疲れ様でした!スカンジナビアのままだともっと体力必要だったかも(笑)ふかふかで気持ちいいですよね、相方は大絶賛です。
ウールと綿のプライも面白いですね~何色になるのか楽しみにしてます♪たくさんの出会いと刺激をありがとう!

>joujoukaさん
こんばんは〜。この間はお疲れさまでした!
スカンジナビアのままだったらあの倍はかかったんだろうか、、?と思うと変えて良かったですよ〜。さすがにもう、あれ以上は無理だ〜(笑)
相方さんに喜んでもらえて良かったですね。うきさんは伊くんにまくり上げて座られる、って腹立ててたから!
こちらこそ、ハイセンス(死語??)なjoujoukaさんに会えてうれしかったです。セーター、きれいだった〜。
ウールと綿の糸は、触り心地が良くってとっても気に入っています。染める予定なんだけど、染めるのがもったいないかな、なんて思ってもみたり、、、^_^;

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« アナンダで巨大フェルト講習&ダンス発表会 | トップページ | 無謀な挑戦 »