« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »

2007年2月の7件の記事

2007.02.28

紡ぎワークショップ

070227_01

25日日曜、うきさんと共に、和棉の第一人者である、田畑さんの綿紡ぎのワークショップに参加して来ました。↑写真は初めて触れた、種付きの和綿です。今回の目的は、太い糸の紡ぎ方を覚えること、綿に適したカーダーの掛け方を教わる事。
当日は家を出たのが7時半、平日よりも早起きして、平日よりも早く家を出て、今年一番の寒さ(かな?)の中、遠くまで足を運びました。

参加者は20名程。紡ぎの初心者がほとんどだったけど、みんなそれぞれの思いがあって綿に辿り着いたのだそう。畑で育てた綿をどうにか形にしたい人、物書きさん、オーガニック商品を扱っているお店の人、いろいろでした。

10時、ワークショップ開始。まずは種付きの棉を手渡され、手で種と棉を分ける、そして棉を手で広げてのり巻き状に丸めます。
 <広げた棉>
070227_02
このあと、竹こま(スピンドル)を使って早速糸紡ぎ開始。(写真撮り忘れ)いつもの紡ぎ方と違って、竹こまを右手で水平に持ち、左手に持った棉を引き出すようにして撚りをかける。撚りの方向もいつもと違ってS撚り。綿はS撚りに紡ぐ事が多い事を、初めて知りました。

この後、綿くり機の実演に。ハンドルをクルクル回すと種が手前に、棉が向こう側に、きれいに分かれる。なんて気持ち良いんでしょう。
 <棉くり中>
070227_03
取り出した棉は、この後、弓打ちして空気を含ませます。田畑さんが弓をはじくと棉がほあ〜っと辺に飛びました。
 <弓打ち>
070227_04
 <できた棉>
070227_05

空気を含ませた後は一升マスの裏を使って篠にしました。田畑さん流はしっかりきゅっと巻いていました。できた篠は押さえると棉の弾力で指が押し返されました。
 <篠にする>
070227_06
弓打ちは、道具の販売はあれど、なかなか自宅ではできないので、カーダーの使い方も教えて下さいました。今まで、私はしっかりと葉を噛み合わせて綿をとかしていたのだけど、田畑さん流は「葉が噛み合わさるか合わさらないか、の所でそっととかす。4回くらいが適当」との事でした。
実演して下さると、わあ、自分のやり方と全然違う!これは練習しなくては、と思いました。

この辺りまでで午前中は終了。日本古来の道具の紹介と使い方、竹こまでひたすら紡ぐ、の午前中でした。
お昼はうきさんと近所でおにぎりを買って来て、部屋で食べました。すると、同じように買って来て食べる人、お弁当を持って来た人が自然と輪を作っていろんな話をする事ができました。

午後はチャルカの講習。組み立てから使い方までを教わり、後はひたすら紡ぐ。前にアナンダで触らせてもらった時は、綿に触れること自体が初めてだったのもあってか、ちっともうまく紡げなかったのだけど、できるできる!竹こまを使っている時に、引っ張りすぎなければ太い糸にならない事が感覚としてわかって来ていたので、同じ要領で紡ぐと、太くて優しい糸ができました。
 <夢中で紡ぐの図(うきさん)>
070227_08
紡いだ糸は、最後にかせ上げまでしました。それにしてもチャルカという道具は、小さな魔法の箱です。組み立てて紡ぎからかせにまでできる、そしてこのコンパクトさ、移動防止の棒まで付いていると言う細やかな気遣い、すばらしいと思います。
 <紡いだ糸>
070227_13

そうそう、ずーっとその構造が謎で仕方なかったダヌシュチャルカも実演して下さいました。なるほど、そういう具合に回転させる訳ですね。
 <ダヌシュチャルカ>
070227_07

それから、会場の片隅には手紡ぎ糸の作品と本が並べられていました。
 <手紡ぎ作品と本>
070227_09
作品の中で、一番気に入ったのは手織りの産着。着倒したかのようなくったり感とデザインにぐっと来ました。
 <産着>
070227_10

楽しい時間は過ぎるのが早い。一日はあっという間に終了したのでした。こんなに集中できて、わからなかった事はしっかり覚えて、実りあるワークショップでした。参加者の皆さん、会場の方、田畑さん、ありがとうございました。うっき−、おつかれさん!


会場では、うれしい物がいくつか手に入りました。
参加者の畑で取れたコットンボール、こんなに触ったのは初めて!それから、ワラビゼンマイの繊維。その昔、綿が高価でなかなか買えなかった時代、棉にワラビゼンマイの繊維を混ぜて紡いだそうです。棉よりもずっと短くて綿と混ぜても紡ぎ難かったけど、とてもあたたかい印象の糸になりました。(糸はワラビゼンマイを下さった方に差し上げました)
070227_11

そしてうっきーから緑の綿と茶綿の種(左下)、田畑さんから和棉の種(左上)。今年はベランダを綿で一杯にしよう。
070227_12


最後に、自分で紡いだ綿を比較してみます。
左/タクリで紡いだ綿(コーヒー染め)、真ん中/ワークショップで紡いだ和棉、右/ワークショップ後に紡いだアナンダのプーニー。右に行く程太くてほんわりした糸になりました。紡ぎたかった糸に近づいて来ているようでうれしいです。
070227_14


2007.02.24

届いたお湯のみ

アーティストマーケットに出かけたときにろくろ体験で作ったお湯のみ(写真左)が完成して送られて来ました。

070223_yakimono

ひねりたて(?)の時よりも全体的特に(特に縦に)縮んで初めよりもお湯のみらしい形に落ち着き、また、上品で好みの上薬でお化粧してもらって、立派に成長して帰って来ました。
そろそろ届くはずだな、、、とそわそわし始めた所に届いたので喜びもひとしお。うれしいです。大事に使わなくっちゃ。
送って下さったのは千葉の市川にお住まいの作家さんです。お兄さん、ありがとう!

さてさて、日曜は綿紡ぎの講習に行って来ます。朝早いから寝坊しないようにしなくちゃ。

2007.02.21

茶綿・コーヒー染め etc.※修正

※2/28 ポロワスをコリデールに修正。

●茶綿
070220_chamen070220_chamen02

 会社の後輩のお母さんが、オーガニックのカーテン等を扱うお仕事をされているので、だめ元で聞いてみました。「綿の扱いは無い?」 、、、聞いてみる物ですね、こんなにきれいでかわいらしい茶綿を分けていただけました!普段の取り扱いがある訳では無いそうなので、特別に入手していただいたのです。うれしくってすぐに紡いでみました。
 アナンダの白い篠しか知らないので、全く違う感触で、少しぼそっとしているでしょうか。所々種が混じっているので撒いてみようと思います。この茶綿で何を編もうかな、、、♪

●コーヒー染め
ずっと紡ぎためていた白い綿をコーヒーで染めました。今度は精錬と下処理を入念にしました。媒染は鉄(錆びたスチールウール)
070220_coffemen

ネズミ色がかった茶色になりました。自分なりに丁寧に染めてみたつもりでも、やっぱり綿は染まり難く、右下に写っている、かせを止めている羊毛がきれいにこげ茶色に染まっているのと比較すると、その性質の違いが良くわかります。ちなみに、中央右寄りに縦に写っているのは、染める前の篠です。結果的にはまずまず気に入った色になったので良かったです。
※メモ(自分流だと思うので真似しないで下さい)
 ・精錬-粉石鹸を入れた鍋で30分程煮る。洗剤液が濁った茶色に。冷めてからよくすすいで乾かす。(鍋の焦げ付きまでとれて一石二鳥!)
 ・下処理-乾いた糸をビニールに入れた豆乳液(水で2倍に薄める)に30分程漬けて絞り、乾かす。乾いたらもう一度豆乳液に入れ、絞って感想。これで下準備はおしまい。


この糸を染める前に編んだスワッチ↓
070220_swach
基本はポロワスコリデールの黒とシュロップシャーシルクノイル、そこに更に色を混ぜたりしてみて紡いだ単糸に、綿糸(白のまま)を合わせて双糸にした物です。これを編んで見てから、やっぱり色を混ぜる事はやめにして、綿を茶色に染めてから双糸にしよう、と決めたのでした。

そうして出来上がった糸がこれ
070220_ito

予想以上に綿糸が染まらなかったので当初の思惑とは違うのだけど、これはこれで良し、としました。この糸を着分紡いで春向けのカーディガン(?)を作りたいのです。


●カーダー
 ずっと思い悩んでいたカーダーをついに買いました。アッシュフォードのミニタイプで、軽くて使い勝手良いので気に入っています。使い方、いろいろ間違えていそうな気もするのだけど、ポロワスコリデールとシルクノイルはとりあえず混ざってくれているので大丈夫かなあ、、、。
 がしがしとカードがけしていると、やっぱり寄って来た子供たち。上の子には触らせてあげました。紫と黄色の羊毛を混ぜ混ぜ。腕の角度が難しいらしく、四苦八苦しながらもどうにかカードがけできました。せっかくだからスピンドルで糸作りをしてみたら?と勧めるとうまい具合にノッて来たので糸作りにも初挑戦です。
短いけど、こんなにかわいらしい表情の毛糸ができました。
070220_firstyarn

●ウメノキゴケ糸
春物のスカーフを編み始めました。
070220_umenoki


日本の伝統色
を参考にすると「22 小豆色」が一番近いようです。

二重になった!

先週末、しーちゃんの左目が突然二重になりました。

生まれた時は両目ともパッチリ過ぎて怖い程の二重だったのだけど、退院する頃には一重に、そのまま3年半以上も一重だったのだけど、突然また二重に戻りました。片方だけ。

初めは眠たくてそうなっているのかな?と思ったのだけど、二重になった目を確認するのがなんだか楽しくて、見つめてはニヤニヤしています。右目よりも左目の方が少し大きくなったような印象で、この変化を面白く感じています。


変化と言えば、日曜にセミロングだった髪の毛をショートに切りました。自分では結構気に入ってるし、家族にも好評だったので、みんなの驚いた顔を見たくて出社した月曜日、、、、サウンドチームの人は誰一人として気がつきませんでしたT_T そんなものなの??(気づいてくれた太鼓チームのみんな、ありがと〜〜)

2007.02.12

ウメノキゴケ染めに挑戦〜挫折

070211_white

先日紡ぎ終えたユザワヤラムウールとコットンの双糸でウメノキゴケ染めに挑戦しました。
上の写真が紡ぎ終えた糸です。
070211_whiteup
この上品な光沢!そしてしなやかさ!最高の触り心地と表情の持ち主なのです。このままでも十分気に入ってるんですが、染めたら、鮮やかなパープルピンクになって、もっと気に入るはず!!

webで見つけた染め出しの方法を読みながら、コケと煮る事2時間。時間が2〜4時間と長くなればなるほど濃くて赤っぽい色に、煮る時間がもっと短ければ青系が残った色になるとの事。何時間煮たら自分の思う色になるのか全くわからないので、取り合えす2時間で取り出してみたのでした。

それが、、、、これ↓
070211_umenoki01

思った色と全然違う色になってしまいました!しかも、綿の糸はほとんど染まっていない!どうして〜??こんなはずではなかったのに!しかも、ラムが絡み合って糸が一塊になってしまったので、取り出した後、かなり懸命にほぐしました。それに、煮たので艶は無くなってばさばさになるわ、一周155センチのかせが130センチにまで縮んでるわ、、、これはもう、、、、大失敗!

※このあと、よく調べたら、綿の場合は動物性の繊維と違い、タンパク質が含まれていないので豆汁につけてから染めないと色が入り難いと言う事、また、豆汁は豆から作るのでとても大変なので、豆乳で代用できる事を知りました。勉強不足でしたT_T

干した糸が乾いたら、再度ほぐしながら玉にまきまき。
070211_umenoki02

巻いてみたら、ほんのちょっと可愛げがでました。

そして、せっかくなので、色の出方を見ようと思って手持ちのゴッドランドとあーちゃんからもらったポルワスをそれぞれほんのちょっとずつ、染めてみました。
070211_umenokihikaku_1


手前左ポルワス、その右は染め後、中央左がゴッドランド、その左が染め後、奥が失敗糸です。ゴッドランドがいい感じのピンクに染まってました。それがもうちょっと濃い色だったら理想通りだったのになあ。ちなみにこれは2番液で染めたので、1番液に投入していたら理想の糸になったのでしょう。ポルワスは奥深い、小豆っぽいベージュ色、これも大人色できれいです。次回はこの辺りを狙いたいと思います。ラムは1番液でも青みが出なかったのは、煮る時間が長過ぎたのかもしれません。理想のゴッドランドは20分程しか煮ませんでした。

070211_umenokicotton

コットンの色の入り加減を確認しようと撮った写真です。一番左は何も染める前のコットン、真ん中は染め後のコットン、ほんのりベージュ系のピンク色、右はゴッドランド。コットンはこれだけ色が入り難いと言う事がよくわかりました。

12/16に漬け始め、約2ヶ月後の2/11にようやく染めた訳ですが、漬け込み中の希望や想像は全て吹っ飛んでしまいました。染めって難しいですね、、、。


染め液がもったいないので、以前編んだ半袖HourGrassもぼちゃっと漬けてみました。

070211_hourgrass_1


嗚呼、、、微妙だ。袖の麻にはしっかり色が入ってるけど気に入らない感じの色だし、それ以外の本体部分は綿なので色入ってないし。(豆乳作戦を知る前に入れたので)

どうした物かT_T


2007.02.09

命の日 ※ケーキ写真追加

今日はnobopの誕生日、ささやかだけど、ちょびっとパーティーな雰囲気が味わえる夕食にしました。

※写真をアップしようと思ったらnobopが自分macにコピーした後に消しちゃった!T_T
そしてご本人はさっさと夢の中へ、、、、写真、ちょうだいよ〜〜。

070220_birthdaycake

メインはでかでかハンバーグ、4人分を小分けにしないで大きな一つのハンバーグにしちゃいました、最近はこの方法が気に入っていて、これだと一度に4人分焼けるし、見た目のインパクトもあってみんな喜ぶのです。それに赤ワインを入れたソースをかけて出しました。
付け合わせは根菜とピーマンをただ炒め煮しただけのもの。シンプルが一番。

食事の用意をしている間、子供たちはnobopと一緒にケーキ作り。本当は「ロールケーキを作りたい!」って、ずっとあーさんは言っていたのだけど、平日にそんな余裕は無いので、ハート形のスポンジを購入しておいたのでした。それに生クリームとイチゴでデコレーションして、はいできあがり!この時期は毎年、材料は豊富に出回っているので助かります。(全部チョコ系だけど)

用意ができ始めると、子供たちは全部揃うのを待つ事も無く、「いただきまーす!」とはしからたいらげるのでした。切ったハンバーグのどこを食べるかで喧嘩して泣いて、何やってんだい?って言いたくなるような、そんな落ち着かない時間。ハンバーグ一つで泣けるなんて、あーさんの人生の中でハンバーグって偉大なのね。ふふ。
あとからご飯が炊けて、買って来たピザも焼けた頃にはみんなおなかは8分目。それでも「苦しい〜」と言いながら食べる食べる。食後のケーキも別腹で、ほとんど胃袋に入っちゃいました。

そして、nobopには今朝、ささっと横浜に行って買って来た洋服をプレゼントしました。いっぱい悩んだんだけど、マネキンさんが履いててラインがかっこ良かったパンツとボーダーのシャツ。パンツはドキドキだったんだけど、nobopにちょうど良く、ラインがきれいに出てたし、気に入ってくれたのでホッと一安心。良かった!

これからも家族の誕生日は祝うのだろうけど、いつまでも今日みたいににぎやかな時間が過ごせたらいいなあと思います。でも、ほんの数年後には全く様子の違う誕生日になっているんでしょうね。それも成長、、、ちょっと切ないけど。


そして今日は、父方のおばあちゃんの命日、一周忌でもあります。もう一年経ったなんて、、、月日の経つのは本当に早い。今でも、元気だった頃のおばあちゃんが記憶の中にしっかりと生きていて、つい数日前に一緒に静岡で過ごしたような気分になります。そして、おばあちゃんはお肉(ハンバーグ)が大好き、チョコレート大好きだったのでした。今日は喜んでくれたかな。おいしかったかい?おばあちゃん。

2007.02.06

静岡法事旅行

先週の金曜から日曜まで、実家の両親と共に静岡に行って来ました。仕事が休めないnobopはお留守番、上の子は小学校、下の子は保育園、私は会社を休みました。

金曜の早朝、迎えに来てくれた両親の車に乗り込んで出発。道が空いていたので昼前には母の実家に到着。昨年末におばあちゃんが亡くなって一人になっちゃったじーじのお世話をしつつ(母が)山遊び。「さて、じーじの家に着いたらまずはコップを作らないと今夜は何も飲めないぞ。」とうちの父。え?コップを作る?

、、、で制作に取りかかり。
070202_take

で、完成。
070202_take2
♪ジャジャジャジャン ポワワワ〜ン 「タケコップ」だ〜。
ついでにお皿も作りました。
夜は、このコップで大人はビールを、子供はジュースを楽しんだのでした。お皿にはスーパーのサラダが詰め替えられ、なんとなく旅館気分に。
竹は切り口が危ないので、念入りにヤスリをかけました。のこぎりで切ってヤスリかけただけなんだけど、これのおかげで今、私は両肩筋肉痛なのです。ぶぅ。

工作の後はたき火を囲みました。たき火の匂いや音、煙、好きだなあ。
070202_takibi

この夜は、前回も泊まったコテージに宿泊。みんな遊び疲れてさっさと9時前には就寝。

2日目は父方のおばあちゃんの一周忌、お寺でお経をあげてもらってから、食事のために移動。人家も少ない山の中を進むと、そう言われれば看板に見えるね、といった年季の入った看板のお店に到着。看板の奥にお店があります。そうは見えませんが、知らない人はきっと通り過ぎますが、お店です。

070203_syokuji

料理は全て手作り(多分)。ごま豆腐がすっごく美味しかったのと、茶碗蒸しのゆずの香りが絶妙、それに食後のぼたもちの甘さ加減や米のつき加減が最高。どの料理も美味しくて、こんなお店を発見できて良かった!です。

この日はこのままコテージに戻り、両親が買い物に出た間、私と子供たちはアクティ森に。ここでは地元のおばちゃんたちが作ったソース、お味噌、醤油、クッキー、はたまた地場野菜に至までが売られています。お土産を買いつつ、以前、パックンマックンが美味しそうに食べていたアイスを食べる事に。上の子はイチゴ、下の子と私はお茶味を食べましたが、どっちもすっごく私好みの風味と甘み。極寒の北風ふきっさらしで誰も外なんて歩いていない中、私たちは屋外テーブルで震えながら芯まで冷えるアイスを味わったのでした。
 それから体験工房へ。ずっと気になってるんだけど、なかなか体験できない紙すきや手びねりなんかの設備だけ見せてもらってから、中庭に鎮座するステージを発見。
070203_acti
歌うはラブベリ。「拍手して〜♪」とご機嫌の娘さんたち。

アクティを後にした後はやっぱり川へ。いつのもお楽しみ、石拾いを楽しむ3人。
070203_kawa


3日目は、父方のおばあちゃんちに。父が用事を済ませている間、私たちはやっぱり山遊び。何度も山を上り下りしたり、棒を拾ってみたり。

070204_ohuga
山の上から見たおばちゃんち。この景色が一番好き。

それから母方の実家に再び訪れ、じーじの様子を見ながらどうしてやっぱり山遊び。山道を上行ったり下に降りたり、たくさん歩きました。

いっぱい歩いていっぱい遊んで、楽しい3日間でした。これでおばあちゃんの供養がちゃんとできたのかどうだかわからないけど、、、、やっぱり静岡はいい所です、心も体もリフレッシュできました。





ところで、もちろん静岡にも紡ぎ道具は持って出かけた訳ですが、羊毛と綿の双糸がやっと終わりました!今週末はいよいよ染めます!

« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »