« 命の日 ※ケーキ写真追加 | トップページ | 二重になった! »

2007.02.12

ウメノキゴケ染めに挑戦〜挫折

070211_white

先日紡ぎ終えたユザワヤラムウールとコットンの双糸でウメノキゴケ染めに挑戦しました。
上の写真が紡ぎ終えた糸です。
070211_whiteup
この上品な光沢!そしてしなやかさ!最高の触り心地と表情の持ち主なのです。このままでも十分気に入ってるんですが、染めたら、鮮やかなパープルピンクになって、もっと気に入るはず!!

webで見つけた染め出しの方法を読みながら、コケと煮る事2時間。時間が2〜4時間と長くなればなるほど濃くて赤っぽい色に、煮る時間がもっと短ければ青系が残った色になるとの事。何時間煮たら自分の思う色になるのか全くわからないので、取り合えす2時間で取り出してみたのでした。

それが、、、、これ↓
070211_umenoki01

思った色と全然違う色になってしまいました!しかも、綿の糸はほとんど染まっていない!どうして〜??こんなはずではなかったのに!しかも、ラムが絡み合って糸が一塊になってしまったので、取り出した後、かなり懸命にほぐしました。それに、煮たので艶は無くなってばさばさになるわ、一周155センチのかせが130センチにまで縮んでるわ、、、これはもう、、、、大失敗!

※このあと、よく調べたら、綿の場合は動物性の繊維と違い、タンパク質が含まれていないので豆汁につけてから染めないと色が入り難いと言う事、また、豆汁は豆から作るのでとても大変なので、豆乳で代用できる事を知りました。勉強不足でしたT_T

干した糸が乾いたら、再度ほぐしながら玉にまきまき。
070211_umenoki02

巻いてみたら、ほんのちょっと可愛げがでました。

そして、せっかくなので、色の出方を見ようと思って手持ちのゴッドランドとあーちゃんからもらったポルワスをそれぞれほんのちょっとずつ、染めてみました。
070211_umenokihikaku_1


手前左ポルワス、その右は染め後、中央左がゴッドランド、その左が染め後、奥が失敗糸です。ゴッドランドがいい感じのピンクに染まってました。それがもうちょっと濃い色だったら理想通りだったのになあ。ちなみにこれは2番液で染めたので、1番液に投入していたら理想の糸になったのでしょう。ポルワスは奥深い、小豆っぽいベージュ色、これも大人色できれいです。次回はこの辺りを狙いたいと思います。ラムは1番液でも青みが出なかったのは、煮る時間が長過ぎたのかもしれません。理想のゴッドランドは20分程しか煮ませんでした。

070211_umenokicotton

コットンの色の入り加減を確認しようと撮った写真です。一番左は何も染める前のコットン、真ん中は染め後のコットン、ほんのりベージュ系のピンク色、右はゴッドランド。コットンはこれだけ色が入り難いと言う事がよくわかりました。

12/16に漬け始め、約2ヶ月後の2/11にようやく染めた訳ですが、漬け込み中の希望や想像は全て吹っ飛んでしまいました。染めって難しいですね、、、。


染め液がもったいないので、以前編んだ半袖HourGrassもぼちゃっと漬けてみました。

070211_hourgrass_1


嗚呼、、、微妙だ。袖の麻にはしっかり色が入ってるけど気に入らない感じの色だし、それ以外の本体部分は綿なので色入ってないし。(豆乳作戦を知る前に入れたので)

どうした物かT_T


« 命の日 ※ケーキ写真追加 | トップページ | 二重になった! »

コメント

写真を見る限りではいい感じに染まっているような、、、コットンの部分がいいアクセントになっていると思いますよ、でも自分で考えていた色とは異なったりするんですよね~。個人的にはポルワスの染め後が好きです。何度も何度も体験するしかないのですよね、、、
本当に染めは奥が深い!

霜降りも可愛いような気がするんだけどねぇ。私も昨日あーちゃんポワルスをカーディングしたよ。思った以上脂が多くて難航したんだけど、なのにこんなにちゃんと染まっているんだからすごいね。jojoさんじゃないど染めは奥が深いねぇ。うちのコケはまだまだアンモニア臭いよ~ん。HourGrass、もう一回染めちゃえば?ダメかなぁ。

>joujoukaさん
ポルワスの染め後、なんとも深い色合いで、とてもきれいなんです!実は、これを見て気に入ったので、3番目の液にポルワスを大量に入れてみたのですが、、、、、ほとんど色が残っていなかったらしく、ほぼ、何も変化無し、という失敗のおまけまで付いていたんです。あぁ、これも経験ですね。
染めはムズカシ&オモシロです。

>うきさん
霜降りも悪くはないのだけど、予定よりもカジュアル間が出過ぎてしまったようで。というのも、実はこの糸、きれいに染まったら母にプレゼントしたかったのですよ。母には、、、この色では若すぎる、と思ってしまいました(笑)
ポルワスは、以前洗ったとき、大分油が落ちていたので、それなりに染まってくれたみたいだよ。
Hourgrassね、実はこの後、渋柿で染めてみよう!と思ってるのよ。この上からではうまく入らないのかもしれないけど、この際、何でも来い!

おお、ついに!でも、色もきれいに出ているし、白く残った綿糸もアクセントで味があってよいよい。すばらしいではありませんか。わたしも毎日5本あるビンをしゃかしかしながら、まだかと待ちわびる毎日ですが、北米のコケは4ヶ月かかるというのはどうもほんとのような気がしてきました。ということで、がみさんに忘れられたころ染めの結果をポストすることになりそうです。

>Tamamiさん
ついにチャレンジですよ〜!!今回は予想とは違う結果になってしまったのですが、いろいろ勉強になりました。特に、綿の染めについては全く知識がありませんでしたから、失敗あってこそのステップアップが、次回はできるんじゃないかと思います。がんばるぞ〜。
Tamamiさんのコケはまだまだ熟成中ですか。どんな色になるか、とっても楽しみです!でも5瓶もあるなんてすごい!私も残りのコケを漬けなくちゃ。あ!アンモニア買ってくるの忘れた〜>_<

がみさん、5瓶ある中の2つは種類が違うので、どうも色が違うものになりそうなんです。本で読んだところによると、濃い緑! 楽しみだわ。また途中経過をポストしますので、見に来てくださいね。

オッス!私ね、実は今熱愛中で心ここにあらずなの。。苦しいよ~がみちゃん!><

綿は豆汁につけてから染めないと。。なんて初めて知ったよ!@@手間が掛かるんだね~
たしかにゴッドランドが一番キレイに染まってるね♪こういう何色もが入り混じったようなピンク紫大好き♪♪
まず市販じゃ売ってない色だよね^^vポルワスはね・・実はこの実験を見て私も染めちゃえ!って気になって、ペレンデールさんで化学染めの粉買ったんだ♪明日は染め大会だぁ~^^
ポルワスさ、ナチュラルで可愛いんだけど・・冷静になってみると私は薄いベージュなんて絶対に身に付けないからまいったなぁ~。。なんてしまいこんでたんだけど、ナイスがみちゃん実験☆
それにしても、薄ベージュを染めるなんて考えてもみなかったよ私。。頭固いよね><;

そいからなんだかんだ言って、Hourgrassと一緒に写ってるラムウール&綿のスワッチがすごくイイ感じだね^^
この編み地というか色って、がみちゃん似合いそうじゃない?ずっと前に着てた白のフリフリブラウスとか・・エメラルドグリーンなんかとも相性良さそうだね!微妙色のHourgrassは、再度染めガンバレ!!

わー化学の時間ですね!
綿は染まりにくいというのも初めて知ったけど、原毛によってもずいぶん違う色にでるんですねえ。思った色にならなくて残念でしたがこういうハプニングもまた醍醐味!?
ポルワスの渋ピンクベージュみたいな色も可愛いなー。
実はお正月に日光でウメノキゴケを採取してきたんですよ。私も今度チャレンジしてみよう。

>Tamamiさん
瓶の中身は種類が違うのですね。それに、、、、濃い緑??!色まで違うなんて、面白いですね!濃い緑を染められる素材を私は知らないので、わくわくしちゃいます。種類が違うから熟成の時間も違う訳ですね。

>あーちゃん
綿なんて羊毛みたいにフェルト化しないし、何も考えずに色を入れれば大丈夫だろう、なんてタカをくくったわたしが間違いだったよ^_^;今日は新しい綿糸を染めたんだけど、ちゃんと豆乳で下処理してから染めたけど、それでもやっぱり羊毛とは比較にならないくらい色が入り難いね。それも可愛いのだけど〜。
ゴッドランド、きれいでしょ?気に入ってるよ。(このスワッチ分しか糸が無いけど)ベージュのポルワス、染めるとコクのある色合いになると思うよ。派手めな色を入れてちょうど良いかもしれないね。
コケ染めはショールにしようと編み編み中だよ。感じよく仕上げたい所。HourGlassは、再チャレンジ必須だねT_T

>junkさん
ほんと、染めって化学よね。染の本見てるといろんな知らない言葉が出て来て困っちゃう(笑)
綿が色が入りにくい所まではわかるとして、染める羊毛よって色の入り方が違うのは驚きでした。ラムとゴットランドでは全く発色が違うので”?”がいっぱいです。
junkさんもコケ染め挑戦ですね。私は今日、第二弾の瓶を仕込みました!同じ頃に結果が出せたら面白いね♪

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 命の日 ※ケーキ写真追加 | トップページ | 二重になった! »