« 個展/カサとクツ、紡ぎの準備 | トップページ | ニットコート »

2007.09.30

おニューになった弁天様の祠

 だいぶ過ぎた話だけど、今日で9月が終わってしまうので、その前に書いておこうと。なんとなく。

 9月の7〜9日、あの巨大台風の過ぎ去った直後から、静岡に行って来た。今回は、すっかり古くなってしまった弁天様の祠を取り替えるために。

070930_hokora00

 父方のおばあちゃんちの敷地には、ちょっと入った所に弁天様の祠がある。子供のころは、5円玉もっておばあちゃんと一緒に手を合わせに行った所。こういう物はてっきり近所のお寺さんかなにかが管理しているのだろう、と子供ながらに考え、つい最近までその考えに曇りもなかったのだけど、これはどうやら我が家のものらしい。
 祠にお賽銭をあげるとき、賽銭箱のような物が無く、ただ台の上に乗せるだけだったので、「お金盗まれないの?」とおそらく幼稚園の頃の私が聞くと、おばあちゃんは「あとでしまっちゃうだけだからいいんだよ。だから1000円あげても2000円あげても全部自分の物だよ。」と言っていた事の意味がようやく分かった。

この祠がすっかりぼろぼろになってしまったので、新しくとりかえるという。その儀式に立ち会った。

070930_hokora01_2
まずはお掃除。中にあったおふだ?や人形などを取り出す。

070930_hokora02
それからお坊さんがお経をあげてくれた。


070930_hokora03
これが新しい祠。母方の親戚の大工親子が作ってくれた。ピッカピカ。


070930_hokora032
古い祠の運び出し。長い間おつかれさんでした。


070930_hokora04
新しい祠の運び入れ。新品は大分重たいらしく、みんな辛そう。


070930_hokora05
はい到着。ほぼぴったりおさまった。
このあと、お坊さんが新しい祠にお経をあげてくれた。そして、古い祠は焼いて土に帰った。


この祠はおこよという人を祀るために立てられたらしい。家の前に立て札が立てられるまでは知らなかった事。


« 個展/カサとクツ、紡ぎの準備 | トップページ | ニットコート »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 個展/カサとクツ、紡ぎの準備 | トップページ | ニットコート »