« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »

2008年5月の6件の記事

2008.05.23

送別会&新しい家族

 21日水曜日、学生時代の友達と会いました。なんと、今回はいつものメンバー+久しぶりメンバー+17年?ぶり超久しぶりメンバーの総勢8人。会場は学校のすぐ裏のたけろう。すごく良心的な値段なんだけど、家庭的で美味しいお店だったなあ。昔はこんなお店無かったのになあ。

↓学校界隈
080521_kasuga01
080521_kasuga02

 超久しぶりのタジ君は、ずっと東京で音楽活動して来て、話を聞いているとかなりキャリアもあるし、できるヤツ!なんだけど、今度故郷に帰る事にしたのだそう。その話を聞いて、帰ってしまう前に!と急遽同級生たちを集めたのでした。

 タジ君の話はとっても新鮮で、国民的スターとの仕事や、会社でやって来た作業の偉大さなど、ビックリする事ばかり。アホみたいに「へー!」とか「そうなんだー!」とか、ばっかり言ってたかも。だって、本当にスゴいんだもん。

 にょりとえぐっちゃんも元気そうだったな。3年ぶり位だったんだけど、ちっともそんな感じじゃなかった。あ、それはタジくんも一緒か。
 にょりは相変わらず鋭い突っ込みしてくるし、えぐっちゃんは突っ込みどころのわからないギャグで溺れ楽しんでるし。要するに、みんな楽しそうだったので良かったっす。タジ君もたまには帰って来るみたいだし、そしたらまたみんなで集まりたいなあ。


 懐かしくて楽しかった所もあれば、ちょっと切ない部分も。
当時の校舎が拡張されて、本館の隣にあった税務署が学校の一部として拡張され、離れていたホールもこっちに移動。建物の名前は変わってるし、一番長い時間を過ごした楽器の練習館が様変わりし、別館が無くなり、そして学校裏の市場は大幅縮小、、、、。時間が経つ、というのはこういう事なのですねえ。

 でも、現在の学校にも、将来にいろんな夢を持った学生が通っている事には変わりないのよね。心の中で「がんばれよ〜」とつぶやいて来ました。


  ● ● ●


、、、そして
、、、突然ですが

080521_u
家族が増えました♪
うーちゃんです。


2008.05.19

ふとんのマスダさんで紡ぎわたを購入

 前からお邪魔してみたい、と思っていたふとんのマスダさん、ここはお布団屋さんであり、わた屋さん。
webではわたの品種とそれぞれの繊維の特徴などがグラフで紹介されていてかなりマニアック。布団用だけでなく、「紡ぎにもどうぞ」というそのわたを触ってみたいなーと、ずっと思っていたのです。
そしてこの週末、実家に帰ったついでに寄らせていただきました。

080519_masuda02jpg
お店の真ん中には、ふっかふかのお布団がド〜ン!すっごい厚み。化繊や羊毛のお布団に慣れている私に取っては新鮮な感触です。
店の奥には座布団や布団用布地も並んでいます。会津木綿がキレイ。
ガラスケースの上には、すでにわたのサンプルが。

080519_masuda03
お店の奥には工房が。ここで座布団などを縫うのかなあ?ミシン部屋の奥にも広い和室が。お布団等の加工をされるのだと思います。

080519_masuda04
端切れコーナー。大きいケースは販売用。小さい箱は「ご自由にお持ち帰りください」
お言葉に甘えてしっかりいただいてしまいました。


080519_masuda05
なんと、お店の裏にある工場を見せて下さいました。
ここは入り口。通路の両側に山積みのわた。


080519_masuda06_2
工場の作業場。マスダさんが手をかけているのが原綿の山。この状態で届けられるそうです。種を取り分けただけの状態でぎゅーっと圧縮されています。固い!


080519_masuda07
最初の行程で、この台の上に原綿を乗せ、バタバタさせてゴミを取り除いたりするそうです。
そして、写真奥の上部に見えるパイプ内に送られて、、、


080519_masuda08_2
天井近くのパイプを通って反対側の奥の部屋にわたが送られます。


080519_masuda09_2
送られたわたの山。すっごい量!
そして、初めてわたの匂いをかぎました。香ばしいようないい匂い。
わたがパイプを通って送られる、という所がなんだか面白くて、想像するとかわいいな〜と感動しちゃいました。
ここから先の行程も面白かったです。でも写真がうまく撮れなかったので、興味ある方はこちらをご覧下さい。最後にわたがきちんとたたまれて収まっちゃう所なんかも、さすが機械、うまくできてるな〜と関心!!

080519_masuda01
見本で見せていただいた糸たち。色や弾力が微妙に違っていてどれもかわいい〜♪

080519_masuda10
  <麻・ペルー・メキシコ・パルプ> 
購入したのは左の麻とその隣のペルーわた。サンプルで右のパルプとその隣のメキシコを頂きました。うわ〜い。
ペルーは在庫分が無くなってしまうと、手に入らなくなってしまうかもしれないわただと聞いたので、それなら!と購入してみました。麻はアナンダのリネンスライバーよりもずーっと細くて柔らかくフラックスファイバーよりも柔らかい感じ。かなりホコリっぽいけど感触が好き!ペルーはメキシコに比べると弾力があって、うっすらベージュ色。
メキシコのしっとりとした柔らかさもいい感じ。パルプはボワッと弾力があって、手芸わたみたい。


080519_masuda11
麻を紡いでかせにしてみました。スピンドルのはアナンダのリネンスライバー。
リネンスライバーの方が繊維が長くてしっかりとしています。マスダさんの麻はその柔らかさで肌に優しい感じ。

080519_masuda12
紡いで並べてみました。
左から麻、ペルー、メキシコ、パルプ。
麻は繊維が短いので撚りをきつめにしてみました。
ペルーは紡ぎやすい!メキシコも紡ぎやすいのだけど、ペルーの方がつながりやすかったみたいで、出来上がった糸を比べるとペルーの方が柔らか(撚りが少ない)くなりました。
パルプはなんとも面白い感触!ダウン種の羊毛みたいなボリュームがありながら、出来上がった糸はかさっとしていて羊毛っぽく無い。曇りガラスのような質感と軽さが新しい感触!

マスダさんは「世界にはまだまだ◯○とか◯◯とか(←知らない名前)いろんなわたがあるんですよー。でもなかなか手に入らなくって〜」なんて話をして下さったり、「工場も見ます?」とマスダさんの方から声をかけて下さったり、きっと布団が大好きで、その気持ちを広めたい、という思いがあるんだろうな、、、と、それが伝わって来る静かにアツい方でした。ふとんの作り方、教えてもらいたいなあ。




 ● ● ●



正月以来の帰省、一泊だった事もあって、特に何をするでもなく、だらーっと週末を過ごしました。
ニュースと言えば、しまむらで買物した事と、バーバが子供のキックスケーターを乗りこなせるようになった事、、、それから車の足元用マットを買った事くらいですね。あ、かえるの大合唱は心地よかったです♪

2008.05.16

紡ぎ素材集め Angelina fiberなど

kakaraさんに無理してお取り寄せして頂いたAngelna Fibers
080516_angelina
これがあれば、きっとこんなミックスができるに違いない!と信じているのだ〜。
この繊維の使い方は、kakaraさんのblog内Angelinaのカテゴリーで紹介して下さっていて参考になります。
繊維状のまま少量を混ぜても、またアイロンでシート状にしても面白い素材です。いろんな可能性がありそう!

私はそのまま、少量を混ぜて紡いでみました。

ウール、バナナシルク、Angelina Fibers

少量すぎたかな?ちょっとわかり難いですが、実物はキラッと光ってキレイです。


それから、同じくkakaraさんのモヘア(右)とたえこさんが直輸入したモヘア(左)。ちょっとずつ個性があってどっちもかわいいです♪とても貴重なものなだけに、なかなか使えなくて、、、。今の所はまだ、ちょいと染めて楽しんでみているのみです。
080516_mohair

   ●  ●  ●


そして、とある牧場から頂いたグリージーフリースを、、、


いろんな色に染めてみました。
「Landscape dye」とか「みやこ染めのコールダイホット」とか「Dylon」
とか、使った染料はいろいろです。
080516_dyedwool
この毛の主な使用者は上の娘っこ。

Landscape dye、バナナシルク、Angelina Fibers、これらの珍しい素材は、全てkakara woolworksさんで購入できます。というか、日本ではkakaraさんでしか手に入らないかも!


2008.05.13

お誕生日と母の日

5月11日は私の、12日はしーちゃんの誕生日、そして母の日。毎年この時期はお祭り気分なのです。
「あとなんかい寝たら5さい?」と何度も聞いてたしーちゃん、もう5歳になったよ!おめでとさん。


しーちゃんへのプレゼントは自転車。
古い方は、お姉ちゃんから2代に渡って、壊れるまで良く乗りました。
080512_bicycle


お誕生日にはケーキよね!nobopがラゾーナで買って来たティラミスのロールケーキ。「5」のろうそくをふーってしました。
080512_cake

私にはこんなプレゼント。nobopから絣のハンカチ。
080512_01

なんと、上の子からはこんな素敵なプレゼントも!
080512_02

最近スピンドルでの紡ぎを覚えたばかりなのに、あっというまに上手になっちゃった!
080512_03


答えは「もちろん!」
080511_letter

それから、昨日はしーちゃんが幼稚園で作って来てくれたペンダント。母の日のプレゼントだって♪
080512_mothersday


そして、nobop母にはnobopからお花を贈ったんだけど、自分の母には送り損ねてしまった。
一応準備はしていたので、機会をみてプレゼントしよっと。


2008.05.08

こどもの日 マザー牧場

五月五日こどもの日、マザー牧場に行って来ました。
アクアライン手前は予想外の大渋滞で、予定よりも随分時間がかかって現地に到着。

080505_01
さっそく羊の赤ちゃん。足にまで短い毛が生え揃っていてもこもこでかわいい♪

080505_02
「羊の大行進」で、通路を通ってやって来た羊たち。150頭ほどいるのだとか。時間限定で柵の中にも入れます。

080505_16_2
柵の中にはホルスタインの子牛君。まだ細くてかわいい!向かいの牛舎にはジャージーの大人牛が一杯いて、ホルスタインよりもなんとなくユーモラスな表情でした〜。

080505_15
馬。かなり大きくてちょっとコワかった〜〜。


080505_03
お花畑の丘を登ってます。菜の花が満開!マザー牧場は高原にあるので、下を見るととっても眺めが良いです。

080505_04
丘の上、アグロドームでのシープショーの様子。愉快な外人さんの紹介で様々な羊が登場します!

080505_06
(上)チェビオット、イングリッシュレスター、クープワース、ポールワース、ロムニー、メリノ、
コリデール、カラクル、フィンシープ、リンカーン、
(下)ブラックメリノ(後で登場)サウスサフォーク、ドーパー、ドーセットホーン、ドライスデール、サウスダウン、ペレンデール、テキセル。
既に毛刈り後の羊もいて、毛並みの違いを全部は見られなかったけど、聞いた事の無い種類も知る事ができて満足〜。

080505_07
シープドックが羊たちの背中を階段を駆け上がるように昇って行きます!羊さんたち、犬に乗られてもホヘ〜てな表情のまま。(左下=ブラックメリノ)


080505_08
メリノの迫力ったらすごい!毛の厚み、くりくりの角、存在感あり過ぎ!


080505_09_2
ドライスデールの角も立派でした。くりくりの角=メリノだと思ってたけど違いました。


080505_10
リンカーン。うねうねのクリンプがきれいなんだけど、触るとごわっごわ!これがリンカーンなのか、単にこの子の毛質なのか、、、、。

080505_11
ペレンデールはキレイな羊、っていう印象。毛は取れかけのパーマがさらさらしてるって感じ。顔もス涼しげでかわいかったな♪

080505_12
イングリッシュレスター、クープワース、ポールワース、、、うーん、この辺り、見ただけでは違いが良くわかりません。


080505_13
広場ではフリスビーやバトミントンセットを借りて遊ぶ事ができます。私はちょいと一休み。
写真撮って遊んでます。

080505_14
今にも雨が降り出しそう。でも負けない!

マザー牧場って、牛がいっぱいいて放牧も見られると思ってたんだけど、牛はほとんど見られなかったです。牛よりも羊の方が人気があるのかなあ?
ある意味、イメージとは違ったけど、内容の濃い滞在になって、とっても楽しかったです。

2008.05.02

棉を育てましょう〜その2

棉を育てましょう〜その1


棉同好会のみなさん、前回の土作りの続き、種蒔き編に移ります。

棉はもともと日本の広い地域で育てられ、衣服や布団に加工されていました。
今では輸入に頼っているため、ほとんど見かける事が無くなった棉、その実はとても可愛らしく、不思議な存在です。本来、日本人の体にまとう素材として最適な綿を楽しく育てましょう。

※同じ”めん”でも「棉」は実そのものの事、「綿」は加工されたものを差すらしいです。


さて、蒔く種にも準備をさせましょう。
棉の種は実が固く、水分が入り込み難いので、一晩程水に浸しておきます。少しふっくらするのがわかるかと思います。写真は白棉、茶綿、緑綿の3種類。
080502_seed


種に水分が入ったら鉢に撒きます。
準備した土を入れた植木鉢に、まず十分に水を撒きます。しっかりとしとらせておきましょう。
次に、指で種を撒く穴を開けます。第一関節分くらいかな?発芽後に間引く(1本だけ残して抜く)事になるので、中心近くに5〜6個程を目安に開け、種を一つずつ入れましょう。
080502_hachi1

080502_hachi2

種を入れたら、穴の周りの土をそっとかけ、じょうろでそっと水をかけます。ジャバジャバと水をかけると、種が流れてしまいます。


はい、終了!!
080502_hachi3

私は、昨年みたいに後でわからなくならないように、ちゃんと種別の札も付けておきました。

それから、撒いたばかりの種は、根が無いので水分をうまく取る事も、保存する事もできません。直射日光はきつすぎるので、直射日光が当たらなくて明るい場所におきます。室内のレースのカーテンの内側や木陰などが良いです。私はベランダに置いて、よしずでカバーしました。
080502_hachi4

先ほどかいた通り、種は水分をうまく取る事も、保存する事もできないので、水やりは毎日忘れずに。じょうろでそっと、無ければ手に取った水をかけてあげるのも良いです。

ついでに、プランターの空いた場所にメドーセージを撒いてみた〜♪芽が出ますように。
080502_sage


« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »