« 雨の六本木 | トップページ | 渋谷手芸部文化祭間近! »

2008.09.27

スーパー陸上2008

9月23日祝日、朝原選手のラストランを飾るスーパー陸上2008を見に行って来ました。

チケットは2週間程前に指定席を予約。どんな席かな、、、と思っていると

080927_rikujyou_00
パノラマ〜。
なかなかの良い席です!幅跳びは目の前、短距離のスタートも左方向すぐ。ハンマーや棒高跳びが対岸で、高飛びも見難い席だったけどお目当ての朝原さんはよく見えそうです。


080927_rikujyou01
会場に着いた直後に開会式の始まり。↑これは選手紹介された後に、手を広げて羽のように動かして、おどけながら退場する北京の400mリレーメダル組の4人、末續さん、塚原さん、高平さん、朝原さん。
レースで無い時にはこんなにリラックスした顔をしてるんだな〜と嬉しくなりました。

それから、100mの新世界記録を出したボルト選手も、この時トラックにいました。


080927_rikujyou02
会場入りするハンマー投げの選手、写真の前から3番目が室伏選手。
室伏選手を知ったばかりの頃は、外人選手と並ぶと”大人の中に子供が一人”みたいに華奢だったのに、今では外人選手に全く劣っていません。

彼は、最終投擲で81mを超え、優勝しました。優勝スローでは観客の歓声がひときわ大きくなりました!

080927_rikujyou08
目の前で跳躍する池田久美子選手。スタート前に拍手を求められて一緒に叩きました。

080927_rikujyou03
100mレース直前の選手たち。真剣な表情をしています。
、、、、しっかし、近い!すぐそばにあこがれのスターたちが!きゃ〜〜〜!


080927_rikujyou04
100mレースのスタートラインにつく選手たち。

もう、この時位から朝原さんしか見てなかったです。モニターも見てなかったので、すぐには順位も全くわかず。
結果はニュースでも流れましたが、日本人トップ(3位)でした。「集中して走ったので順位とかわからなかったんですけど、、、」と朝原さん。そっか、そういう物なのね。走りって集中するものなのね。だから、オリンピックの時にも、リレーが終ってかなり時間が経ってから「やったー!!」って言ってたのか。あのシーンは良いシーンだったなあ。

ちなみに、このレースで外人選手にフライングがあったので、2回目のスタートでの試合でした。そのとき、去年の朝原さんの100m予選でやっぱりフライングがあって、そのせい(と私は思っている!)で調子を崩してしまった事がサッと頭をよぎり、キーッ!となってしまいました(笑)
そんで、フライングからスタートを切り直すとき、会場の係員のおじさんが、選手たちに向かって「早くスタートに戻ってくださーい!」と言ってるのがなんだか面白かったです。世界を舞台にする選手も、おじさんには「待ってよ!」の一言も言えないんでしょうね。

080927_rikujyou05
閉会式の時に、横断幕を持ってトラックを回る選手(と記者団)。この写真では見えないけど、末續さん、なぜか裸足です。そして朝原さんのスッキリとした笑顔!キレイ!

080927_rikujyou06
朝原さんに花束を渡す末續さん。オリンピックの時にも一番冷静な様に見えた末續さんが男泣きで声が出ず、、、ただ「すいません、すいません」と繰り返す姿に朝原さんも、、、。
他の100m選手たちに、学生時代の同期のアスリート、ウサインボルトさんも花束贈呈。朝原さん、いいラストが迎えられたんじゃないかな。

去年の引退をほのめかした世界陸上、本当に悔しそうで、これじゃ終れない!という顔だったけど、一年選手生活を延長したことで目標が達成できましたね。「自分は幸せ者です」って。こっちこそ、幸せ一杯もらいました!!


080927_rikujyou07
家族のサポート無しではアスリートなんてできないですね。しっかりサポートし続けた奥さんの奥野さん、とっても素敵な方だと思います。



棒高跳びの澤野大地選手、ハードルの成迫選手(為末さんいなくて残念)も活躍していました。棒高跳びは落ちる時がとても危険だと言う事、ハードルは女子と男子では全く高さが違うこと、400mハードルはかなり過酷なレースだと言う事など、目の前で感じる事ができました。

体を痛めつけて痛めつけて、これでもか!とまた痛めつけて、きっとそんなトレーニングを積んだ人たち、日本を、世界を舞台に戦う選手を直に見る事ができて、なんてラッキーなんだろう、と思います。そういう鍛錬を積んで、、、それでも引退を決意した時、朝原さんの様にラストを迎える事はきっと、アスリートの夢なんだろうなと思います。
 
そして、20年陸上を続けて来た朝原さんを軽く上回る、20歳そこそこのボルトのような選手がいる事も事実。キビシい世界ですね。

私にとって今年の陸上競技は、「スター選手はカールルイスとマイケルジョンソンだけ!」と思っていた私に、朝原さんとボルトもランクインさせてくれた大きなイベントでありました。

最後に、、、朝原さん、お疲れさまでした。ゆっくり休めるといいですね。夢をありがとうございました。


« 雨の六本木 | トップページ | 渋谷手芸部文化祭間近! »

コメント

陸上競技はもっぱらテレビ観戦なんだけど、実際に見ると迫力ありそう!陸上はいろんな競技や選手が一度に見られて楽しそうだな。テレビだと大きな大会ほど有名選手の登場場面や人気競技しか見られないけど、画面の隅にちらちら映る「裏」の部分についつい目がいっちゃう私としては、やはり競技場に行かねばですな。それにしても、陸上選手を見てると、筋肉ってそれぞれ役割があるんだなあとつくづく思う。

奥野さんといえば、おしゃれ工房でもお見かけしますね。笑顔や語り口が素敵な人だなあと思ってました。朝原さんが、オリンピックの先輩メダリストである奥さんとの励まし合いや葛藤や、そんな話をしているのを聞いたことがあります。なんというか、話を聞くたび、素晴らしいご家族だなあと感じます。

>しろまるさん

 陸上、テレビで見てると丁寧な解説がつくし、注目選手なんかも紹介されるけど、目の前で見てると、以外と「今見るべき場所」がわからなくてあわあわって感じ(笑)それもまた楽しい所だけど。
 あとね、人気競技とそうでない競技の差が思ったより大きくて、目の前で行われている砲丸投げなんて、大きな歓声なんかも無く、いつの間にか終っちゃってました(^_^;)裏好きのしろまるさんなら、すっごく楽しめるかも〜!!筋肉と言えば、女子の幅跳び選手(外人さん)がとっても引き締まっててかっこ良くって、じーっと見ちゃった!

奥野さんはおしゃれ工房にも出演してるのね!おしゃれ工房はほぼノーチェック(もったいない、、、)なので知りませんでした。
なんと言うか、陰でしっかり、表では柔らかくという印象がほんとにステキ。お子さんたちに取っては、自慢の両親なんだろうな、と思います。

「夢をありがとうございました。」ってなんか響くな。そういう事言われちゃう朝原さんの生き方も素敵だし、そういう事言っちゃうがみちゃんもすごくイイ。こっちまで感動して読んじゃったよ。
やっぱりアスリートの姿(特にトップを走り続ける人たち)や努力努力・辛抱・輝きの生き様って心を打たれるよね!!普通の人じゃ到底できないもんね!
それと、朝原さんに憧れて追いかけ続けて、一緒に練習してきて戦ってきた末續さんとの絆も、家族と同じくらいのものすごいものがありそう。。。それと、朝原さんには是非、次世代の選手達のコーチになって欲しい。そしたらまた沢山の人の夢が始まるね♪

閉会式、がみちゃんもボロボロ泣いてたんでしょ~??^^
とにかく、スター選手のラストランを目の前で応援できたなんて一生の思い出だね☆ラッキ~な日良かったね!!

>あーちゃん

 少し前までは、日本の選手が短距離でメダルなんて夢のまた夢だと思ってたのよ、、、選手の皆さんには申し訳ないけど、、、coldsweats01アメリカやジャマイカ選手の瞬発力ってものすごいからね。でもゲットできたんだよね!ホントにすごいよ!この瞬間を何年待っていた事か!!
 辛い思いをしてきている(だろう)分、やっぱり仲間や後輩との絆って深そうだよね。これからは朝原さんには選手の育成に力を注いでもらって、ぜひ、100mの日本人メダルが見てみたい!
 閉会式?そうだね、グッときたね。でも、写真撮影に夢中になってたら、、、nobopの方がかなりうるうるしてたよ。「男泣きはくるね〜」って言ってた(笑)

 さてー、たえこさんからメール来てたでしょ?私たちも、これからアスリート並のダッシュ力で仕上げにかからなくちゃね。というか、あーちゃんの大作魚ミトンは、既にアスリートなみの体力を消耗してるか!きゃ〜がんばれワタシ!!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 雨の六本木 | トップページ | 渋谷手芸部文化祭間近! »