« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »

2009年9月の4件の記事

2009.09.30

フェルトボールとTempest

090930_ball

ボヨ〜ン。フェルトボールを一杯作りました。
今日は、下の子が幼稚園の帰り、そのままお友達の家に遊びに行く事になり、私は夕方までのんびりできる事になったのです。それじゃ、と思い立って、今日遊んでくれるお友達へのお礼に、とフェルトボールにゴムを通して髪留めにしました。
フェルトボールって、丸めるだけの単純な作りなのに、ちゃんと丸く作るのが結構難しい。1時間半近くかかっちゃった。
気に入ってくれるといいなあ。

090930_knit

編み掛けの作品、knittyの Tempest。綿に少量の羊毛を混ぜて紡いだで、羊毛が混ざってない部分はプツッと切れてしまいがちです。しょっちゅうつなぎ直すし編みにくい所もあるんだけど、茶綿のネップがかわいいです。使ってみて良かった。

前後の見頃は出来たので、袖を編んでいる所。前見頃は前開きではなく、かぶり物に変更。裾や袖ぐりには、仕上げの時に別色でゴム編みかなにか足すつもり。いい色が見つかるといいのだけど、、、。





昨日、お友達に糸紡ぎを教えてあげたら、すっごくはまってくれたみたい!練習用に、と渡した羊毛もあっという間に全部紡いじゃったって言うし、ご近所に紡ぎ仲間が出来るなんて思ってもみなかったのでうれしいです♪
そもそも洋服はパターンから作っちゃうとっても器用な人なのだけど、陶芸も上手で手創り市にも出ちゃうんだからすごい!!そういう人が近くにいると、自分も頑張らなくちゃ!って思います。
budouさん、、、、勝手に宣伝しちゃった〜。へへwink

2009.09.24

筑波山に登ってきました

090924_tsukuba01
この連休で茨城に帰省、筑波山に登ってきました〜。
関東平野のど真ん中、田んぼの中にポツッと現れる山です。


090924_tsukuba02
標高877m(子供の頃は876mだったので成長したらしい)、なだらかな道有り、しかし岩登りもあり、結構ハードです。

090924_tsukuba03
石のトンネル。

090924_tsukuba032
急勾配が伝わるでしょうか?
頂上近くはなぜか大渋滞、ちっとも前に進みません。

090924_tsukuba04
ばばーん、1時間半程で頂上に到着!
見下ろす先は田んぼのみ!
、、、いやいや、天気さえ良ければ都内の方まで結構良く見えるのです。富士山もね。

090924_tsukuba05
曇っててぼんやりしてるけど、なかなか良い眺めです。

090924_tsukuba06
登ったこの日はおばあばの誕生日、夕べのうちに作っておいた手づくり手ぬぐいで「おめでとう!」

090924_tsukuba07
おにぎり食べて一休みした所で下ります。
下りも、こう配がきつくて辛い!

090924_03
山登りの帰りは、幼なじみのユミちゃんちにお邪魔。たいちゃんとこうちゃん、会わないうちに大きくなっちゃった。
長男のタカに会えなかったのが残念〜。

090924_04
ダンナ様は狐のお面をつけて、お祭りの時等に踊るのだそう。このお面、年代物で大事なものなんですって。
木製で、髪の毛はゴワッとした太いテグスの様な繊維、馬のしっぽとかかな?

090924_05
ダンナ様がポーズ決めてくれました。仕事帰りで疲れてるのに、しかも出かける前だったのに、ありがとう!

090924_02
ユミちゃんの住んでる所は焼き物の里、益子のすぐそば。そんなのもあってか、こんなステキな時計を作ったんだって。いいね〜!
この釉薬はサークルには無いもの、、、萩焼に使われる釉薬に似てるけど、なんて言うんだろう?マットな質感がいいの。

090924_052
ユミちゃーん、おみやげありがとう!とっても美味しいよ。

090924_06
家に帰ってから、あらためてお誕生会。
お寿司とロールケーキ、それからインスタントのチーズケーキにデコレーションをして。


090924_08
おまけコーナー。
さて、茨城名物?の、全国的には決してメジャーではあるまいこの佃煮。
はい、イナゴ。

090924_09
それをこんな風に食べるこの人は、、、、

090924_01
骸骨と語り合う事も出来たりするちょっと変わった人です。

090924_07
最後に、お隣の家で見つけた子猫の癒し写真で。

2009.09.14

第9回 東京スピニングパーティー

090914_sparty01
今年も行ってきました!晴海埠頭のスピニングパーティーです。上の子と一緒に出かけました。
ここまで来るのは毎年遠くて疲れちゃうんだけど、海と都会のビル群は一見の価値あり!ですね〜。
もちろん、建物の内部が一番の楽しみなんですが。

出かけたのは初日の13日(日)、開場と同時に侵入。
そして、ヒートアップし過ぎてやっぱり写真を撮り忘れ、、、。
せっかくのお祭りの景色が今年も残せず、でした。

それもそのはず、今年は毎年楽しみにしている老舗羊毛屋のポンタさん、レア素材満載のkakaraさん、素晴らしい色彩の毛糸店タリフさんの他に、個性一杯の毛糸屋さんAVRILの出展もあるので、最初から”買う気マンマンモード”だったのです。
おかげで、いいものいろいろ手に入れました。

そして、会場ではあーちゃん、たえこさん、なおみさん、RURIさん、そして、お名前をまだ覚えていない方達まで、、、たくさんの人にお会いできました。

090914_lexi07
ここからは別会場で、kakaraさん主催のlexiさんのレクチャー&サイン会の様子です。
海の向こうからわざわざいらしたlexiさん、キレイで笑顔がかわいくて、飾り気の無い素朴さも持った、遠く無い感じの人でした。、、、って顔が見えませんね〜(^_^;)

090914_lexi02
スライドショーを中心に、作品の紹介や作り方等の簡単な説明をして頂いた後、ご本人の作品の実物に触らせて頂きました。これはスラブ調の、、、なんだろう、マンクスっぽい手触り。


090914_lexi03
lexoさんの紡ぎはとっても自由。これはフェルト化したスライバーのようなが混じった糸。子供の腕程もある塊がそのまま紡がれています。斬新!


090914_lexi04
コイルヤーン。このままネックレスにしても可愛らしいような表情を持っています。


090914_lexi05
なんと、更なるゲストにLoopさんもいらしてて、バッツを見せて頂きました。

まずバッツのボリュームにびっくり!webで見ていた時は手の指を広げた程度のサイズかと思ってたけど、いやいや、腕の長さほどあります。そして、カラーと素材の美しさ、日本では高級素材のアンジェリーナファイバーの「たっぷり使用」度にもびっくり!なんてバブリーなバッツかしら。


090914_lexi01
スパンコールを使うのは定番?でも、うちの紡ぎ車では紡げなそう〜(笑)とはいえ、lexiさんでも、「口に入りにくい素材は無理矢理にぎゅうっと押し込む!」のだそうですが。


090914_lexi06
バッツを広げて見せてくれました。右側になっている黒い服の方がLoopのアーティストさん。

090914_lexi08
そしてサイン会。Lexiさんには「Handspun Revolution」にサインして頂きました。このとっても小さな本からアートヤーンのブームが始まったのだと、kakaraの青島さんは語っていました。

090914_lexi09
いえ〜い、サイン、、、だよね?(笑)
サインをいただいた後に、子供も一緒に写真撮影をして頂きました。記念になるなあ。

090914_sparty02
スピニングパーティーで買って来た素材達。
右の茶色いのはレアシープ研究会の洗い済みマンクスロフタン「太郎君」100g、下はポンタさんの染め羊毛(ポロワス、ペレンデール)100g、上に乗ってるのはBADAL(かな?)の木のスプーン4本、上はひつじ座のメリノポロワス200g。

マンクスは手触りがゴワッと弾力があるのに、肌に突つかないという不思議な触感。軽くほぐして太く紡ぎたいな。メリノはマシュマロのようにわわらか〜いの。染め羊毛は、ペレンデールのギラッとした発色が切れ味よくて好きです。ポロワスは上の子が「紡ぐの」だそうです。これだけあれば、しばらく楽しめるね〜。

2009.09.07

綿の染めと紡ぎ

090907_dye01
先日染めたグリーンに続き、今度はグレーの染料を使って染めました。
写真の左上が先日染めたグリーンの綿、その右は茶綿、下は白い綿です。
染料は、ダイロンマルチの61番「ピューターグレー」を使いました。
ちなみにこの色、廃盤になっちゃったみたいです。結構好きな色だったのに、残念!

090907_dye02
仕上がりはこんな感じです。
写真左上が緑×グレー、その下が白×グレー、右上は茶×グレー(薄め)、その下は茶×グレー(濃いめ)です。
グレーと言ってもこの染料、結構ブルー系の色が出ます。
全体的に青グレーがかかって渋カッコいい色になりました。

090907_dye03
まぜまぜして紡いでみたのがこちら、糸も渋カッコいい糸が出来ました。
茶綿がボソボソしていて玉になりやすいので、それがネップっぽくなって割といい味出してるかも。

090907_dye04
上の糸と、グリーン系の糸とを紡いでいます。
これらの糸と、更に別色の糸を混ぜ合わせて、軽くフィットしたかぶり物を編もうと思います。


紡ぎの配合は綿100%ではありません。綿100%を丈夫に柔らかく紡ぐ技術が無いので!
そのため、羊毛(ゴットランドやブルーフェイスなど)をほんの少し、数字にしたら多分1%くらい混ぜています。それだけでずっとつながりやすくなるので、強くてしっかりしながらも柔らかい糸になったように思います。

« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »