« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »

2011年3月の4件の記事

2011.03.28

支援のカタチ

あの地震からすでに2週間以上経過しました。
あの日からと言うもの、スーパーやコンビニでの品不足や、ガソリンが手に入りにくい様な状況が続き、いつでも欲しい物が手に入る言う事は、つくづくありがたい事なんだな、と心から感じられるようになりました。

ニュースでは、今でも辛い思いをされている方々の映像が流れ、原発の危険な現状が綴られ、漠然とした不安がもやもやと常に立ちこめている様な気持ちです。


   被災地に向けて何かしたい。


そんな思いはきっと、今、多くの日本人の中に芽生えているのでは?
それは義援金だったり、物資の支援だったり、現場でがれきの除去だったり、方法は様々。
でも、もっと簡単にできる事があると思っているのです。


   「情報に流されない事」


私が思うに、これが、今取りあえず元気に暮らせている私たちが一番やらなくてはいけないことなんじゃないかと思うんです。


水の放射能汚染の問題、うちには乳児はいませんから、問題ないレベルと言われれば水道水を飲みます。
疑心暗記にもなりがちですが、測定数値を信じて、普通に飲むのがベストだと思っています。
だって、一生ペットボトルの水に頼る訳にも、絶対に水が安心だと言い切れる場所に今すぐ引っ越す事も出来ない訳ですから。
ヨウ素131の半減期は8日だそうですし、そういった知識を身につける事で、もうしばらく、うまくつき合って行けるのではないでしょうか。

乳児への水の摂取制限が報道された翌日、スーパーでは大量に水のペットボトルをかごに入れた人を大勢見かけました。でも、そうした行動は、そのカゴを見た人が不安になって「じゃあうちも、、、」と買う人を増やすだけ。そういった負の連鎖になりがちな気がします。(乳児のいるお宅ならその行動の意味も分かりますが、うちの近所で、あんなに大勢の乳児を見かけた記憶はありません。)
そして、関東で水を大量に買い占めると、被災地に回る水が減るだけでなく、流通や運送のラインをめちゃめちゃにしてしまうのでは?と心配になってしまいます。

出荷制限をされている野菜や牛乳も、摂取して問題が無いと言うのなら、出荷して欲しいというのが私の本心。
万全の措置を取りたいという、国の気持ちは理解できないでもないけど、その結果、あらぬ風評被害が生まれているのも悲しい事実。
農家や酪農家の方々のやりきれない思い、想像すると苦しくなります。
情報に流される事がなければ、おかしな風評被害や、もしかしたら摂取制限自体も存在しなかったのではないかと思うのです(国が、冷静に情報を理解する事ができる国民だ、と信じてくれる様な日本人であれば)。
 ※↑2カ所消しました。素人なので、正確な事は判断できないため、間違った考え方を書いたかもしれないので。

あ〜長く書いてしまった上に、うまくまとめられないけど、
誰か賛同してくれる人がいたら、一緒に行いましょう。

主婦だからこそ出来る大きな支援。
むやみに不安になったりするのではなく、
自分が必要な情報は自分でキャッチしましょう。
それをちゃんと信じて行動しましょう。
そして、買うのは必要な物だけに。
私は、その心がけだけで、被災地に回る支援の手が増えると信じています。

振り込みに行かなくても、送らなくても、出費しなくても出来る支援です。

2011.03.16

なにができるか、、、

3/11いつも通りの金曜日。
下の子をピアノ教室に連れて行き、上の子は「遊んで来る!」と別れた直後の出来事。
あの大きな地震が襲ってきました。
そこら中に悲鳴と地鳴りが響き渡り、咄嗟に手にした携帯が体の震えで操作できず、、、。
なんとかかけた電話もつながらない、つながっても出ない。

パニックでした。
家族がバラバラ、何をまず最初にするべきか、、、。
まずは一人で出て行ったはずの上の子を探しに走り、ピアノ教室と連絡をとり、ほんの少し安心して避難道具を準備している最中にまた襲ってくる余震。

あんなに恐ろしい体験をしたのは初めてでした。
マンションは停電、断水、ガスは怖くて確認できず、、、。

幸い、うちの家族と家の中は無事です!
あんなに揺れたのに、家の中の物、何一つ倒れていませんでした。奇跡!
それに、近所にも大きな被害は見受けられない様です。
心配してくれる人がいると思うから、発信できる時にはちゃんと発信しておかないとね!

、、、でも、時間が経って、ようやく分かって来た事。
報道に無い所にもたくさんの被害があると言う事。
いまだに断水中の千葉の元同僚、
避難所生活を強いられている茨城の友達、
建物や道路に大きな被害が出ている千葉の地域、
実は私の周りにも辛い思いをしている人がたくさんいる事がようやく見えてきました。

物資が不足している地域に何かしてあげたい、でも手段が無い。
今の私に何が出来るんだろう、、、。





さっき、小さな「できること」を見つけました。
カードのポイントを使った寄付です。
溜めてあったポイント、交換するのって結構面倒だし、
ある程度まとめたポイントでないと交換できないのがまた厄介だったりする所。
でも、100ポイントから寄付が出来る事が分かり、端数以外を全部、寄付してみました。

このくらいしか出来ないけど、少しでも被災地のお役に立てたら良いなと思います。
また、もっとも被害の大きかった宮城や福島はもちろんだけど、大きくは報道されていない関東地区にも被害が広がっていて、助けを必要としているたくさんの人がいる事がもっと知れ渡り、そういった地域にも役立てられる事を願っています。


2011.03.08

ズーラシアと春

110308_zoo
週末、ズーラシアに行ってきました。久しぶりだったな。
鳥インフルエンザ予防や、この冬の寒さの影響(?)で展示をお休みの動物もちらほらいたけど、天気が良かったので、展示中の動物達は活発に動いている様子が見られました。しかも、とっても空いていて、見やすかったです。

↑写真はライオンのえさ場に残っている生肉をあさるカラスと、それをじっとみつめるライオン。
ライオンは時折尻尾を振りながら、この黒い羽の生えた生き物を興味深そうに眺めています。そんなライオンをさほど気にする様子も無く、うろつくカラス。
自然界ならあり得ない一こまだろうな、、、。
う〜ん、へーわ。


110308_zoo2
ズーラシアで見つけたお花。練り切りの和菓子の様で、ちょっと変わってるなあ、とパチリ。
園内で所々に春の兆しが見られたのも、もうすぐ冬を脱出しますよー、という自然からのお知らせですね。


110308_snow
雪が降ったりもするけど、
ちょびっとずつ、春は確実に近づいてます。
注文していた上の子の中学校の制服も、手元に引き取って来たし。


110308_kyukon1
11月に植えた球根達もゆっくりと育ってます。
ほら、ちょっとだけ白い花が開いてる!


110308_kyukon2
三寒四温、、、というか四寒三温な日々が過ぎるのはいつかな。
パッと花開くそのときが待ち遠しいです。

2011.03.01

クーザ すごかった!

110228_kooza

日曜日、シルク・ド・ソレイユのクーザを見てきました!きゃ〜!!

もちろん、公演中は写真撮影NGなので、上の写真のみ。
飲食広場に飾ってあった、ダイハツのクーザペイントカーです。きれいなんですよ〜。

下の子に「見てみたいな〜」と言われたのがひと月前、値段を調べてビックリcoldsweats02したのだけど、見に行って良かった!
テレビCMで見ていた、シーンも、生で見る迫力はすごかったし、ステージがとても近いので、出演者の緊迫した息づかいや表情がしっかりと伝わる所が、怖くてまた面白いのです。
今までの「すごい!」はすごく無かったのかな、、、?と思える程、「すごい!」が一杯でした。

「そんなところで縄跳び??やめて〜〜!」
とか
「そんな所で回っちゃう?ぶつかるでしょ〜!」
とか、
わあわあ言いながら見てました。

また、危険な演出のみでなく、コミカルな演出も満載で、緊張した空気を時折ほぐしてくれるピエロたちもいます。緊張と笑い、観客を飽きさせないように、ちゃんと交互に攻めて来ます。


クーザは、演技ももちろん素晴らしかったんだけど、会場の設備もとても良かった!
驚いたのはトイレ。プレハブでありながらとってもキレイで広く、エアコン完備!さすがに時間帯によっては行列も出来ていたけど、ほとんどストレス無く利用できました。

それから音響が良かったです。バンドマン達の生演奏があって、生音もバッチリ聞こえて来るんだけど、それを消さない程度の程よい音量で、スピーカー音をミックスしてました。だから、音楽の息づかいもバッチリ伝わるのです。
(ただし効果音によっては別系統のスピーカーを使っているらしく、音もタイミングの出し方も違っていましたが)
あと、軽食のサンドイッチが良かったです。ああいうイベント会場のサンドイッチって、乾燥気味だし、ちょっとしか入ってなかったりするけど、結構なボリュームで美味しかったです。

30分の休憩を挟んで約2時間半、たーーーっぷり楽しませてもらいました。
初めは高いかな、、、と思っていたチケット代も、最後には納得できる料金でした。


子供達も、また行きたい、と思うくらい楽しかったみたいですが、
「さいしょだからおもしろいんだよね〜、2かいめはびっくりしないとおもうよ」
だから、みたけどみたくないそうです。
子供なりに感動を大切にしたいみたい。思い出になって良かった♪

まあ、いくら納得できたとは言え、気軽に「また行こう!」と言える様な料金では無いのだけど、、、coldsweats01


« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »