« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »

2011年5月の3件の記事

2011.05.30

一般人らしく

曲作りの話です。
たま〜にしか書きませんが、私は以前はゲーム会社のサウンドクリエータでしたので、今でもそのつながりで不定期で楽曲制作のお仕事をいただいています。
最近また新しい曲を作り始めていて、まあ毎度の事なのですが、かなり煮詰まったりもする訳です。
そんな私をちょっと前向きにさせてくれた雑誌記事とテレビ番組がありました。


☆テイトウワ(TOWA TEI)

携帯電話のおしゃれCMソング等で活躍する、超ステキサウンドクリエータ。
もう10年以上程も前には、今田耕司さんに歌を提供して、バラエティ番組にもたびたび出演していました。

彼の作り出す音像はとても立体的。奥行き、上下、左右へと、「盛りだくさん」な訳ではない音が美しく輪郭を保って配置されています。例えはおかしいかもしれないけど、まるで彫刻の様に、きちんと凹凸があります。そして、そんな彼の曲は一曲でお腹いっぱいになるような大満足な気分になります。


そんな彼でさえ、曲作りのテンションを天候で左右されるらしい。そんな理由から、最新アルバムは晴れの日縛りで制作した明るい楽曲づくしになっているらしいです。
(Soud&Recording 6月号より)


☆ブラームス

ハンガリアン舞曲第5番、その曲は音楽に興味のない人にとっても、聞き覚えのある曲かと思います。そんな曲を作った人。
1800年代に生存したクラシックの作曲家、音楽の教科書にも登場する方です。偉大です。
そんな彼が、先日放送の「題名のない音楽会」で紹介されていました。

なんとブラームス大先生は、
喧嘩した親友のバイオリニストと仲直りがしたくて、親友の大好きな「他人の作った曲のお気に入りフレーズ」を自分の曲に取り込み、ご機嫌を取ったらしいです。




・・・
テイトウワでさえ、天気で気分を左右される。それが曲に表れる、と言っている。
ブラームスでさえ、他所の人の曲をちょっと拝借してみたりもする。仲直りのために。





天才だ、イメージは沸き上るばかりでつきる事を知らないはずだ、
そう思っていた人たちも、こんな感じなんだなあ、と思ったら、ちょっと気が楽になりました。

そんなら、一般人の私が、ちょいとばかり悩むのは仕方がないか。
気が乗らないからって昼寝しちゃうのも仕方ないよ。
また同じ様な曲作っちゃった!ってなっても仕方ないさ。

なあんて。

一般人として、一般人らしく曲作りをしよう!と明るく思ったここ数日でした。
さあ、今日も頑張ろう!
、、、雨だけどraincatface

2011.05.19

プレゼント

110519_01

だいぶ日が過ぎてしまいましたが、5/12は下の子の誕生日でした。
立派な8歳になりましたよ!

ケーキは毎年お願いしているお店がたまたまお休みに当たってしまったので、近所のお店に「イチゴ多めに」とお願いしたショートケーキ。本人大満足!

プレゼントは、本人リクエストの「wiiスーパーマリオギャラクシー2」と「不思議の図鑑
ギャラクシーは、パパやお姉ちゃんと喧嘩しながら遊んでいますcoldsweats01自分ではうまく出来ない事がもどかしくて、もっとできるようになりたくて、「早く手伝って!」「◯◯してってば!」と大いばり。それにパパもお姉ちゃんも巻き込まれるのだから、、、。
そんな訳でゲームが始まると何となく戦闘モード。はー、私は蚊帳の外で良かった〜bleah(アクションゲームは苦手なので〜)

不思議の図鑑はたまにCMも見かけますが、CMを見たお姉ちゃんが、「これ、しーちゃんにちょうど良いね〜!いつもアレはどうして?っていろいろ質問して来るから」とつぶやいていたのです。で、それを聞いていた訳でもないパパが、会社帰りに買って来てくれました。ナ〜イス!
「どうして海の水はしょっぱいの?」なんていう、定番中の定番の不思議から解説してくれます。また質問攻めにされたときは、これに助けてもらおう。


110519_02
この日はうーちゃんの誕生日でもあります。3歳になりましたhappy01
もらわれっ子のこの子は、実は正確な誕生日が分かりません。大体今くらいの時期だと言う事は分かっているので、下の子と同じ誕生日、と言う事にしています。
そんな訳で、大好きなえん麦がスティック状になっている品を見つけたので、それをプレゼント。新しい物が苦手なので、最初は「何だこりゃ〜?」とチェックだけしてそっぽを向いていましたが、その後、割と気に入ったらしく、あっという間に無くなりました。


110519_03
日にちを少しさかのぼって、母の日。
今年は子供達から縫い物とお手伝いカードをもらいました♪
左はお姉ちゃんから、右は下の子から。

紙に描いてしまえば簡単なメッセージを、手間をかけて刺繍にしてくれるのって、すごいアイディアだし、気持がこもってて嬉しいのです。
下の子が縫ってくれた顔は、ニッコリとしてなんとも柔らかい顔をしています。ふふ。


110519_04
母の日から少し戻して、5/11は私の誕生日。
40になっちゃっいましたshine

で、また↑上の子がプレゼントしてくれました!
今度は刺繍メッセージカードと、何か間違えたらしい謎の「IheartVE」のお守り、フェルトスイーツ、フリルの筆入れ、それからお手紙です。一体いつの間にこんなに縫ったの?と驚く量です。
このお守りがあればピアノが上手になるかしら?happy01
筆入れはボルドーレッドと切りっぱなしのピンクフリルの取り合わせが、なんともおしゃれです!かぎ針ケースにも良さそう。

パパからは、私の好きなダロワイヨのマカロン詰め合わせと、空気で膨らませる携帯用枕をもらいました。これって、助手席で美味しい物食べて熟睡してね、って言う事?smile

30代から40代へ、位が一つ上がって気持ちの区切りが一つ、着いた様な気もしますが、日々の流れる時間は変わり無く、、、。
このままずっと、流れるように50になり、60になり、、、どこからが大人でどこからがお年寄り?なんていう区切りは気持の上でしか無く、、、生きるってそういう事なんだな、となんとなあくそんな事をを考えたりしてました。


2011.05.11

今年のGW

上の子が中学生になり、部活が始まる前のGW。好きな事をして過ごせるのは今年が最後かな?と思い、今年はたっぷり遊びました。


110511_gw
連休入ってすぐ、一拍で千葉に旅行。
一週間前に見つけて申し込んだ、山で過ごす一泊二日のプラン。
電気も通らない山の夜は、昼間のうちに太陽光で蓄電した電気がちょっぴり灯る所。昼間は山を探索したり、ブランコに乗ったり、ピザ焼き体験をしたり。夜はカレーを作ったかまどに、たまたま旅の同行者となった4家庭が集まり、団らんしたり星を眺めたり。
↑写真は弓矢作り体験後に弓の試し打ちをしている所。なかなかうまく飛ばず、四苦八苦
coldsweats01
普段は出来ない様な体験ができた、貴重な二日間でした。


5/3
クラシックのコンサートにも行きました。下の子の「行ってみたあい」と言うリクエストに応えて。
クラシックと言っても、堅苦しい物ではなく、子供向けのコンサート。ズーラシアの動物に扮した演奏者が楽団のみんなとコント混じりに演奏してくれました。
「森のくまさん」を演奏していたら、いつの間にか「熊蜂の飛行」になっていたり、「リュスランとリュドミラ」が「ラジオ体操第一」になってしまったり、、とかねhappy01
でも、コントとは言えども、バックの楽団は東京交響楽団。素晴らしい演奏でした。もちろん、ズーラシアンブラスのソリスト達も素晴らしい演奏でした!
それにしても、ストリングスの生音は本当に繊細、耳に栄養をいただきました。


5/4
110511_gw02
昨年、哺乳類展で初めて訪れた、上野の国立科学博物館へ。
動物達の剥製や恐竜の骨格、多様な動植物の標本は見事!です。子供も大人も食い入るように見ました。
特別展示で宝石サンゴも見られたので、閉館間際まで目一杯観覧。まだ帰りたがらない下の子を、「また来ようね」と言い聞かせて帰りました。


5/7
乃木坂の国立新美術館で開催中の「シュルレアリスム展」へ。
こちらは写真はありませんが、美術の教科書でおなじみのダリの作品に象徴される、風変わりなアートが展示されていました。
一見してナニと分からない絵も、「この絵は人の顔がたくさんあるね〜数えてみよう」「足が手みたいになってるよ〜」なんて、結構子供も楽しめていました。こちらでほんの少し、作品を見られます(期間限定かも?)。
私はマグリットの背景を切り取ったような絵が好きですね〜。ダリの作品は色彩が鮮やか。最後の部屋に飾ってあった巨大な絵は、どうやって描いたんだろう、、、?


それから、GW連休前には、上の子の保育園時代のお友達との再会もあり、みんなでお買い物やランチを楽しみました。帰り際にはお揃いのクマのキーホルダーを買っていました。保育園で0〜6歳まで一緒だった仲間、普通の友達とは違ったつながりがあるのだろうな、と思います。
ママ同士も会話に花が咲きました。





たっぷり楽しんだGWが終わり、何となくぼーっとしている今週。
人生初の5月病ってヤツかしら?
遊び過ぎちゃったね〜coldsweats01

« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »