« 紡いで編んでフェアアイル中 | トップページ | カウチン風ベストとフェアアイルその後 »

2011.09.27

クロバーかぎ針「アミュレ」モニターレポ

110926_amure

先日、ツイッターで知ったクロバーのかぎ針「アミュレ」のモニター体験レポートに申し込み、運良く当選!アミュレの3本セットをいただきました。(当選のきっかけを作ってくれたhahawataさん、ありがとうheart01

ちなみに私は、人気のペンEではなく、昔っからの金属針派です。それは、ペンEのグリップの大きさ故に、握っているのが疲れてしまうからです。いつもよりも太い箸を使うと手が疲れやすい、そんな感じでしょうか。
そんな私がささくれ立った手でアミュレをレポートしてみます。マニアックレポ、行きますよ〜!!annoy


110927_0001
我が家には、クロバーの金属製かぎ針、ペンE、アミュレ、が揃いました。ちなみに写真は全て、5号。←6号の間違いです!!ゴメンナサイ!
金属とペンEはほぼ同じ長さ、アミュレは金属部分と持ち手の部分、共に長いです。


110927_0002
アミュレはペンEに比べても、かなり厚ぼったいのですが、単に厚みが増しているのではなく、3角形に近い形です。握ってみると、以外と指にしっくりと馴染む感じがします。


110927_0003
写真ではわかりにくいと思いますが、アミュレ(一番右)は他のタイプに比べ、頭が小さめで、かぎ部分が鋭角に内側に入っています。


110927_07110927_08_2

編んで見ました。
左はペンEで、右はアミュレで編んでいる所です。
編みながら針をチェンジしてみたりして、その編み心地を比較してみました。
すると、アミュレは確かに編みやすいのです。
何が違うのかな、、、と考えてみて、その理由がわかりました。


(1)金属部分の長さが違う
アミュレは金属部分が長いため、上記写真のシーン、目をすくって糸をかける瞬間に、糸をかけるのに使える針先が長いのです。そのため、針先の円形の動きが大きくなり、糸を拾い損ねる確率が減っていると感じました。(持ち手の長さの違いによる編み心地の変化は感じませんでした)

(2)頭が小さい
太い糸程影響してきますが、針の号数が大きくなると、針の頭も大きくなります。太い糸の隙間に太い針を差し込むのは結構大変です。アミュレは頭が小さい事で、すっと編み地に入り込んでくれる感があり、ストレスが減ったと感じました。
もしかすると、アミュレは細い糸よりも、太い糸を編む時に威力を発揮するのかもしれません。「太くて固くて弾力の無いアクリル毛糸」のたわしを編むのなんかがとっても楽になるのかもhappy02


以上が使ってみた雑感です。
アミュレ、私はペンEよりも合ってると感じました。長年使い慣れている金属針と共に、使い込んでみたいなと思います。

それから、最初に封を開けた時にパッと抱いた印象を。
むかーしむかしのプラスチック製棒針は、6号は水色、8号は緑、10号は黄色、12号はオレンジ、13号がピンクだったかな、、、、と、色で号数を見分けていました。
その当時の針がどのメーカ−だったのかわかりませんが、色のイメージが統一されると使いやすいな、と思いました。
(最近のカラフル棒針の色とは統一されているのかな??)


クロバーさん、今回のモニターをさせていただいてありがとうございます。
今後も手編みが楽しくなるグッズを開発して下さいねっ。


« 紡いで編んでフェアアイル中 | トップページ | カウチン風ベストとフェアアイルその後 »

コメント

おお〜、いいなぁ。
そうなの、頭がでかいと太糸のときストレスになるのよね。
買ってみよかなぁ。
わたしもペンE苦手、黒檀の使ってる、軽いから。
頭でかくてひっかけにくいけど。

>うっきー

いいでしょ〜?えへへっ。
頭が大きいと太い糸の時に、ストレスだよね。わかってくれて嬉しい!
黒檀の、使った事無いけど、検索してみたら見た目がとってもシックでいいね。金属と違って、手にも馴染みが良さそうhappy01

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 紡いで編んでフェアアイル中 | トップページ | カウチン風ベストとフェアアイルその後 »