« Berroco/Route 1 | トップページ | おうちのその後 »

2013.02.19

おうち

大きなきっかけとなったのはやっぱり3.11の地震ですかね〜。

そもそも築年数が30年以上経った茨城の実家は、強度など大丈夫なのかな?と気になってはいました


そこへ来てあの地震。
小さいとは言えヒビの入った壁、ひっくり返ったと言う箪笥を止めた床。
私としてはどうにも心配でした。
他にも思う事があったし、思いきって「新しい家を建ててみんなで一緒に住もう!」と話をしたのが一昨年の夏。

それから、4人家族の我が家と両親、計6人の新しい住処を探し始めました。



子供達の学校は出来れば変えたく無いという思いから、私たちが今住んでいる場所の近くで、様々な条件で探しました。
新築・中古問わず、庭いじりの出来る一戸建てで、駐車場は2台分あって、客間も設けて、、、。
茨城ならともかく、川崎ではここまででも結構なわがまま条件ですcoldsweats01



そして、不動産屋さんと相談しながら、希望の条件が入りそうな土地を見つけたのが去年の夏。
大きな買物に戸惑いながらも契約し、
同時に間取りの相談。

間取りが決まったら住宅設備、コンセントの位置の相談。
床板の素材から窓のサイズ、収納の取り方まで、、、
ま〜いろいろと悩んできました(笑)

そんな我が家が、間もなく上棟です。やった!




130219_01
夏には野原だった場所が、、、(この日は地盤調査)

130219_02
年末に建築許可が下りてから土の掘り返し&地盤改良があり、、、

130219_03
基礎のコンクリ作りが始まりました。

130219_04 130219_05 130219_06
何段かに分けてコンクリを流し固め、、、

130219_07
よく見る迷路みたいなコレがお目見え!!
もうちょっとで建ち始めるぞ、って所ですsmile

定点カメラで撮影できたら楽しいんだろうけどね〜。それは無理なのでいろんな角度からちまちま撮影してます。

雪が降ったり雨が降ったり、ホントに寒いのに、職人さん達はせっせと働いて下さいます。ありがたや。
天候って作業にはそれほど影響しないのかしら?大雪の当日はさすがに作業してなかったけど、翌日は何かされてたみたいだし。
職人魂、すごいです。風邪ひかないで欲しいな。

さて、次はそろそろ壁紙を決める時期です。これが結構悩む!

« Berroco/Route 1 | トップページ | おうちのその後 »

コメント

そ〜ゆーコトだったのね。
おお、すばらしき大家族。
じじ、ばばと暮らせるのはイイよね(それも自分ちの方の!)
できたら呼んでね〜、庭をほじってあげるから。
うさぎ小屋は作らないの???

作業は天候に左右されますとも!
外側ができちゃえば内装はできるけどね。
外壁だけの窓なしなんて家がかわいそうに見えるよ〜
職人さん、たまに顔出して暖かいものや甘いものを差し入れすると喜ぶよ。
10時と3時がオヤツ休憩だよん。

わお、楽しみ!
上棟すると広さや大きさの実感がわいてきて、きっともっと嬉しくなっちゃうよ。
現場が近いと、出来上がっていく様子が細かく観察できていいね。
人の手でこんなに大きな物をつくってしまう職人さんって、本当にすごいよねえ。。

>うっきー

そうなのよ〜大家族になるの。これからはスーパーでもまとめ買いが主流になって荷物が重たくなるんだろうなあ、、、なんてcoldsweats01

うさぎ小屋は作らないと思うけど、是非、庭を掘らせてあげたいと思ってる!いつもフローリングを必死にほじってほじれない、の繰り返しだから、ほじくれる喜びを与えてあげたくて。もちろん、うっきーもほじくって良いよ!!ちょっと不便で遠いかもしれないけど、遊びに来て〜!!

作業はやっぱり天候に左右されるのか、、、じゃあ、結構無理して頑張ってくれてるんだねweep差し入れはどうしようか迷ってたんだけど、喜んでくれるなら持って行ってみるshineありがとう♪


>まりちゃん

上棟したら、やーっと家のサイズが実感できるんだろうね。今の所、やっぱりピンと来てないから早く実感したいsmile
場所はホントに今の家のすぐ側で、買物に行く時に必ず通る道の脇なの。だからほぼ毎日観察してる。「今日は作業したんだな〜」ってわかるのが楽しいし、「今日は進まなかったか〜」って言う日も、それはそれで楽しんでる感じ。

家って、特大サイズの工作だよね!うちの子供は工作が好きなんだけど「どうせ作るなら本当に住める家を作ってみたら?」なんて話してたの。寸分の狂い無く気を組み立てて、水やガスを通して、断熱や防水もして、、、すごいよね。建築って楽しいだろうな〜lovely

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« Berroco/Route 1 | トップページ | おうちのその後 »