2010.04.21

3度目のjota

またまた行って参りました!jota。今回はGRさんと二人。前回一緒だったhahawataさんとacoさんとは都合が合わず、、、残念!

100421_jota_01
朝8:30に待ち合わせ、吉祥寺には40〜50分で着きました。
今回は縦糸をカラーに指定。体験織りは3度目から黒かカラーかを選べるようになったそうです。ただし、色を選べる訳ではなく、その時の出会いを楽しむという事です。
昨日の縦糸は赤でした!
赤と言っても、明るい赤、暗い赤、オレンジ、ピンク等が混ざり合っていて可愛いです。
普段から赤い物は身につけないので、かなり迷いました。迷い過ぎて訳がわからなくなったので、何も考えずに「好きな色」をチョイスしてガンガン織りました。

100421_jota_02
そしたらね、長〜くなったの!全部で3m70cmです。
初めはスカスカのショール(白っぽい部分)を織っていたのですが、途中からは気が変わって、かっちりしたバッグ用の布(黒っぽい部分)を織りました。

==============
織り上がり 約370cm
うち、
   ショール用 約270cm
   バッグ用  約94cm
==============

100421_jota_03
スカスカのショール部分。もっとスカスカにしたかったんだけど、なかなか手がそういう風に動いてくれません。
城さんがいらして、それを話してみると、「隙間の空いた織り地は勇気が要るものです。なかなかできませんよ」と。確かにおっしゃる通り!

100421_jota_04
バッグ用の部分。手提げにしようかな〜。



今回はカメラを忘れたので、GRさんの作品は撮れませんでした、、、。あ!携帯で撮れば良かったのか!T_T
GRさんは、すっごく悩んでプランを練っているようで、様子を見ながらゆっくりと織っていました。
二人で話していたのだけど、赤を生かすのはとっても難しいですね。黒の方が数倍楽でした。

黒は光と一緒で光を吸収するので、他の色を織り合わせた時に、その色をキレイに浮かせて見せてくれるのだそう。逆に縦糸が白に近い色程、光を反射するので、いくら横糸で色を重ねても縦糸の色を消す事が難しいのだそうです。
これも城さんのお話。本当におっしゃる通り!!



●  ●  ●

100421_jota_05
実は先日、子供達も体験に連れて行ったのです。
これは上の子の作品、縮揉後で280cmあります。ピンク×黒。
写真中心付近の部分、羊毛をスッカスかに詰めています。面白〜いと周りの大人から声をかけられていました。

100421_jota_06
これは下の子の作品、縮揉後で225cm。カラフル。

お休みの日に連れて行ったので、時間が一杯あったのだけど、上の子は「まだ織る。帰りたく無い」と何時間も織っていました。手際もとてもいい。下の子は最初の2時間程はまあまあ集中していたけど、そのうちに「次はこの色、織っておいてね」なあんて、調子。まあ、仕方ないか〜。
二人とも、「また行きたい」のだそうです。
、、、サポートだけで5時間は辛いんだけどな〜(笑)

こんな感じで、すっかり「じょうた」に染まってオります。


2010.03.14

陶芸終了〜!

(acoさん、終ったよ〜!)

下の子が入園した時に始めた幼稚園内の陶芸サークルの活動が、先日終了しました!
2年間、どっぷりと楽しませて頂き、感謝感謝のサークルでした。
最初の一年は、毎週ただひたすら試行錯誤の制作、2年目は実用性を考えた食器作りをしました。今年は役員の仕事が結構大変だったので、一年目に比べると制作はかなり減ってしまいましたが、その分、一つ一つを大切に作れた気がするし、役員としての仕事も充実して、とてもいい思い出ができました。

↓最後の窯出し、スパートで作った作品達です〜。メモしておかなくちゃ。

100314_tougei01100314_tougei02
ニンニクポット。これは、実用性と言うよりは飾りでしょうかね

100314_tougei03
最後は高台削りしたいな〜と、紐作りで作った小鉢。弁柄で全てに違う模様を付けて、ビードロを吹き付け。


100314_tougei04
黒天目を筆で塗り込んでから拭き取り、透明をかけて、更にビードロ吹き付け。ビードロ大好きheart

100314_tougei05
子供達の作ったライト。
右/上の子作のうさぎ(石灰白萩吹き付け、うまく色出ず)
左/下の子作スティッチ(青萩吹き付け、同じく色出ず)coldsweats01
リクエスト通りには色が出なかったけど、完成できた事に喜んでくれました。


100314_tougei06100314_tougei07
フクロウライト。
前回の作品は茨城の両親にプレゼントしたので、これは自宅用。
切り株のお家は両親からのプレゼント。


いや〜、作った作った。
実は、これ以外にももう一つ、nobop両親向けの作品もあるのだけど、それはまだ今度。
もともととっても興味のあった陶芸を、こんなに手軽に2年間も楽しめたなんて、とても貴重な機会だったと思います。
それに、子供を通して、では無く、自分の友達がたくさん出来た事も良かったなあconfident



100314_corsage
、、、いよいよ今週は謝恩会、そして卒園です。
ということで、コサージュを作ってみました。ちょっとカジュアルになっちゃったけど、自分らしいかな。

、、、春ですねえcherryblossom

2010.03.05

再びjotaへ

前回GRさんとお出かけしてメッチャメチャ楽しんだjotaさんへ、今度はacoさんとhahawataさんも加わって、4人で体験してきました!
2度目とあって、自分なりにテーマを決めていた事と、そのテーマのために疾走した事のため、お店の中では写真を撮る余裕なんてありませんでした!もったいないですが!

100305_jota2_01
今回はこんな作品です。前回よりも大分地味目です。
テーマは、「作品作りに応用できる布」「小さな変化で大きな変化を生む」でした。

作品作りに応用できる、、、の点は、安定した織り地を織る事で実現しようと思いました。要するに、前回のようにふわふわモコモコした素材はなるべく控えようと思っていました。
後で、バッグかスカートにできたらいいなあと考えて。


小さな変化で大きな変化、、、は、例えば糸を変える時に、色をはっきりと違う物に変えるのではなく、”近いけど違う色”を使い、糸変えも頻繁には行わないようにしようと思いました。そうして出来た、「抑えた変化」が、出来上がってみたらちょうど良い大きさをもった変化になるんじゃないかな、と思ったので。

結果は、思ったよりも「控えめ」過ぎたかなあ、、、。とも思います^_^;




100305_jota2_02
とは言え、所々で丸めた糸くずを詰め込んだり、革テープを使ったりはしたくなるものです。
だって、そばでGRさんが遊び心一杯の織り地を作り上げてるんだもん!

そして、前回は縮揉の時に洗濯機内で革テープが抜けてしまったので、洗う前に危なそうな所をミシンかけしました。糸くずやモコモコの部分といった、引っ掛かって抜けてしまいそうな所と端をダダッとジグザグに。


100305_jota2_03
手前が今回の作品、奥は前回の作品。
並べてみると、とってもよく似た作品である事がわかります。、、、やっぱり好きな色や素材は変わらない、と言う事でしょうか、、、テーマまで決めて気合い入れて取り組んだのに、ちょっとがっかり。
と言う事で、次への課題が出来ました。次はもうちょっと違いのある作品を、、、また体験しようっと♪

一緒に行ったacoさんとhahawataさんは初めてだったのだけど、うきうきと興奮する様子が伝わって来て、とっても楽しかったです。GRさんと私は最初から猛ダッシュ。でも、初めてのhahawataさんの方が手際が良くて、随分長く織ったな〜と思ってたら、なんと2.5mもあったそうです!!
acoさんは、帰りの車の中で、何度も作品を手に取っては「あ〜幸せ〜」とつぶやき。4人とも、女子高生の様に(?)わいわいきゃあきゃあ騒ぎました。

jotaでの空気感は、しっとりと気持ちが落ち着きます。何でも受け入れてもらえる安心感、でしょうか?心底、イゴコチ良いのです。
子供達も興味を持っているので、今度連れて行ってあげなくては。で、その後、また自分のために遊びに行こうっと。


2010.02.13

吉祥寺jotaで手織体験

100213_jota01

先日、吉祥寺の「jota」へ、GRさんと共に、手織の体験に行ってきました。
以前、あーちゃんの作品を見せてもらって、いろいろ話聞いたりもした際に、それまでの「織り」に対するイメージがガラリと変わり、興味を持ち始めました。更に、追い討ちをかけるかのように、少し前にテレビでjotaが紹介され、明るくステキな店内や作品等を目にし、これは!!!と思い立ち、GRさんに声をかけ、体験の予約をしました。

予想以上の美しいお店、到着時には既に織り始めている方がいらして、ワクワクはピーク。(トップ写真はjota入り口です)

GRさんも私も、子供のお迎えまでの数時間しかないので、説明を受けてから慌てて織りました。

100213_jota02
私の織りかけ。白を基本に、青や茶系を混ぜています。

100213_jota03
GRさんの織りかけ。黄色系。カワイイ!!

織っている時間は、おしゃべりしたり好みの糸を探しに行ったり、お腹がすいたけどグッと我慢して3時間半、集中して織り上げました。なんと時間の経過が早く感じた事か。子供の頃に外遊びしてた時のようでした。
そして、壁際には色とりどりのコーン巻きの糸が!ループヤーン、ネップヤーン、綿、ウール、シルク、様々。最初、思ったよりも種類が少ないな、と思いましたが、糸は撚り合わせて行く事で何通りもの組み合わせになるんですね。
糸だけではありません、原毛、革テープ、くず糸なんて物まであります。店員さんは「どうぞ好きに使って下さい」とニコニコ顔、自由そのものなんです!
きっと、子供達連れて行ったら喜ぶだろうなあ、、、。

100213_jota04
完成!左が私、右はGRさん、個性が分かれました。
GRさんはこの後、縮揉してオリジナルタグも着けたんですよ!とっても可愛いので是非見てみて下さい。


家に持ち帰ってから縮揉です。
「端の始末をしてから洗濯機で洗い、脱水後すぐにアイロンかけて下さい」と説明書きをいただきました。

100213_jota06
縮揉前、繊維に張りがあり、絡み合っていません。

100213_jota07
縮揉後、繊維が膨らんで柔らかくなりました!

100213_jota05
縮揉前 (約)153cm×29cm
縮揉後 (約)140cm×26cm

結構縮む物ですね〜。
巻くのにちょうど良い長さになりました。
とっても楽しかったので、また近いうちに行きます。というか、う〜ん、会員になって通いたいなあ。


楽しくなって来たので、前に作ったこれを出してきました。
100213_jota08
経て糸の間隔を狭くして織ってみたら、なんとな〜くまあ、それっぽいかな。(どれ?笑)
ちょっと改良すれば、長さのある物が織れるようになるかも、、、と妄想中。


2009.03.25

織り機モドキと昭和記念公園

090325_oriki_1
凝りもせず、こんなもの作ってみました。見た目は卓上織り機っぽい?
材料は家にあった材木と釘。


090325_oriki_2
一応織れますね〜。
縦糸にはタコ糸を使ってみました。

090325_oriki_3
定規を間にはさんでウマく使えば、糸が通しやすくなります。


090325_oriki_4
奥の板を持ち上げた時に上がるのが奇数番号の縦糸だとすると、、、

090325_oriki_5_2
丸太を持ち上げた時は偶数番号の縦糸が持ち上がります。
「ダンボール織り機」で検索すると、織り機の作り方がいっぱい出て来て参考になりました〜。
これを使って何を織ろうかなあ。裂き布が織りたいんだけど、縦糸はもっとたくさんかけた方が良いみたいだから、掛け方を変えて倍の本数にしてみるか。

、、、などなど、新しいおもちゃを手に入れたがみは、夜更かしを楽しむのでありました。




 ●  ●  ●

090325_park_1
全く話が変わりますが、先日昭和記念公園に遊びに行きました。
秋に初めて行ったときは、駐車場や売店があんなに混むなんて知らなくて、随分時間のロスをしちゃったんだよね。なので今回はがんばったんだけど、開園前に着いちゃった。おかげで満喫〜。

レンタサイクルをして、、、


090325_park_2

白いボインボインで遊びました。
あ、正式名書はフワフワドームです(笑)

2008.10.14

手芸部文化祭 お疲れサマでした

081014_syugeibu10
お疲れさまでした!あっという間に本日最終日でしたね〜
 ※搬出に行けなくてゴメンナサイ(>_<)→たえこさん!
私は土曜日の運動会(後日アップ)が雨で延期になったので、日曜の予定を切り上げて土曜に行って来ました。上の写真はjunkさんのエコふろしきのワークショップ中の様子です。素材が一杯でワクワクしちゃう♪

081014_syugeibu01
編みカタマリ。すごい!ゆうさまにも伝えちゃった。


081014_syugeibu02
ワンダーミッチェムさん。色使いとか刺繍の感じとか、キャラの悪っぽい感じとか、すっごいかわいい。

081014_syugeibu03
お名前忘れました。作者さんゴメンナサイ!こういう立体物は私には無い技、素晴らしい!

081014_syugeibu04
junkさんは仕事が細かいっ。小さなボタン一つからしてステキセンス。スカートの裾がさりげなくほつれている所がニクい。

081014_syugeibu05
確かemmaruriさん。手紡ぎ糸の質感と色合いが好き。ボタンの選び方も参考にしたい。


081014_syugeibu06
あーちゃんの目玉ちゃん。なんというインパクト!目玉の色がとっても繊細で美しいの。お魚ミトンも素晴らしいんだけど私の写真撮影が下手だった、、、T_T

081014_syugeibu07
chikaさんのニットはモチーフつなぎで夢が一杯な感じ。モチーフって難しそうで、未だにトライできない分野、それをこんなにたくさん(というかもっと)、、、恐れ入ります。

081014_syugeibu08
tokkyuさん。個性的な宇宙人(?)がかわいい。展示の仕方もおしゃれだなーと思います。目玉マスクはかなりのインパクト!

081014_syugeibu09
ミクラフレシアさんの作品は、どれもオリジナリティにあふれているし、毒っ気がある所が大好き。この人形は一番好きになった子たち。ちゃあんと歯が生えています。

081014_syugeibu11
一足先に展示があり、既に終了予定だったKarin Wagnerさんの作品展示も延期されていたために見る事ができました。やっぱりプロの作品だけあって、実用性とデザイン制を兼ね備えつつ、ありふれていない技が盛り込まれた素晴らしい作品でした。
、、、でも、正直言うと、手芸部のメンバーの方がパワーがあるな、って思っちゃいました(^_^;)


写真がうまく取れなかったけど、もっともっと素敵な展示はいっぱいありました!(あ、imokuriの写真取り忘れてるし、、、)とにかく、おかげでたくさんの刺激を受ける事ができて、この感動は次へのステップにつながって行く事と思います。このイベントに参加できた事に感謝感謝!!

2008.10.07

渋谷手芸部文化祭間近!

 買い物に出る時、幼稚園の送り迎えの時、あの香りがどこからとも無く漂うようになりました。
キンモクセイ。
甘くて懐かしい香りです。
今年も季節がやって来ました。




、、、そして、やって来たと言えば、
いよいよ渋谷手芸部の文化祭がアートブックショップ&カフェにて始まります!
私は上の子と一緒に「がみ&いとっちょ」として参加させていただきます〜。
**********************************
日時:2008年10月9日(木)〜14日(火) 
場所:art-bookshop & café(神保町)

営業時間:10:30〜18:00
*期間中はお休み無し
**********************************
です。(↑たえこさん、コピペさせてもらったよん♪)

ただ今、明日の搬入に備えて準備の仕上げにかかっております。タグもなんとか付け終わりました!タグには、以前作ったオーブン陶土のハンコを押してみました。なかなかかわゆい。(自己満足)
今回、私の出展は小物の縫い物系。自分としてはあんまり使ってない引き出し(頭&技)を出してみました。

081007_bunkasai03
手紡ぎ糸を芯にしてぐるぐると輪にして作ったブレスレットたち。ボタンで留めるようになっています。

081007_bunkasai05
こちらもブレスレット。これは布を縦糸にして手紡ぎ糸を横糸として織っています。

081007_bunkasai07
着用イメージです。ほあほあしてあったかいです。

081007_bunkasai06
原毛のブローチ。今年のスピニングパーティーのポンタさんブースで見つけた、ブルーフェイスのベリーがとってもかわいくて、そのまま使いたかったのです。


081007_bunkasai08
オレンジ色の手紡ぎ糸をくるっと丸めたら、お花みたいな形になりました。

081007_bunkasai04
ブレスレットを作った時に素材として作った丸いフェルト、残ったのを集めてみたらかわいいお花になりました。葉っぱの様に見える青い糸は、手紡ぎ糸を葉っぱみたいな形にまとめただけ。

081007_bunkasai01
こちらはいとっちょの作品。ちゃっかり、一かせだけ下の子が作ったのもまぎれていましたが、一緒に出展します。

081007_bunkasai02
おやのひいき目ではありますが(笑)このコサージュ、結構アートしてます。制作もデザインも、もちろん子供が自分でやりました♪

これらの作品を明日搬入します!他の方の作品も気になるので、搬入どころじゃないかもしれないけど、、、。


2008.07.07

陶芸サークル初作品、リメイク、うーちゃん

●陶芸サークル

先週金曜日、幼稚園の陶芸サークルの第一弾作品の釜出しがありました。自分で形を作って釉薬をかけ、約1ヶ月の後にこの姿になりました。

080707_tougei01
、、、う〜〜ん、思っていたのと違う!(笑)

左(青緑)/土=並こし、釉薬=おぎのめトルコ、部分的に石灰白萩
右(濃茶)/土=並こし、釉薬=黒天目、酸化青磁(内側)

080707_tougei02
ラインは、を参考に釉薬をかけた後に竹串で入れたもの。もっとシャープなイメージだったんだけどな。竹串では太かったみたい。
酸化青磁は土の色が白くないと、本来の色が出ないのね〜>_<
本当はうっすらとしたきれいな水色なんだけどな。
それに、湯のみなのか壷なのかよくわからん形とサイズ。飲み口太くてお茶が飲み難い〜!


080707_tougei03
こっちは水玉にしたつもりの模様が全部流れちゃった!それどころか、外側の釉薬が濃すぎたらしく、垂れてしまっている。釜の中で棚にくっつかなくて良かった〜。(くっついてたら割って壊さなくちゃいけないらしい!!)

それと、おぎのめトルコがちゃんと混ざってなかったみたいで、ムラになっててヘン。それに、もっと大きく作ったつもりだったんだけど、、、T_T  これじゃ何に使ったら良いのか。

でもね、陶芸楽しいっす。夏休みもおうちで作るんだ〜♪




●リメイク

半袖シャツが気に入ったの無いのよね。と言う訳で古いTシャツをちょっといじってみました。


080707_remake01
かれこれ7〜8年前?に買ったと思うTシャツ、nobopに誕生日にもらったかすりの布、布団のマスダでもらった明るいブルーの端切れ、縫い糸


080707_remake02
かすりのはしっこに、こんなかわいらしいタグが付いていたので利用する事に。


080707_remake03
一応完成。あっという間。


080707_remake04
縫い目はわざとがしがしっとした感じに。
これで、着られるTシャツが一枚増えた。


●うーちゃん

ヤツは、ケージから出すと、いくつか自分で決めたお気に入りの場所でくつろぐのです。

080707_ucha01
今日はここなの〜。

080707_ucha02
エレクトーンのペダルの裏なの〜。
ペダルはかじられちゃうので布でカバーしているのです。

080707_ucha03
ダブルペダルの間から”ぼげら〜”な顔。


080707_ucha04
先日、ケージの出入りに便利かと思って、階段を作ってみました。
うーちゃん、この下に潜るのもお気に入り。

080707_ucha05
そして、最近は暑いので、時たま伸びうさぎに変身します。

080707_ucha06
うさぎの足の裏って、もっけもけ!

2006.09.20

帰省してました

連休2&3日目は実家の茨城に帰っておりました。7月に妹の帰省にあわせて帰った以来だったので2ヶ月ぶりです。

 まずは茨城県民のアミューズメントパークとも言える、ジョイフル本田へ。ここは巨大ホームセンター。webの「店舗比較」を覗いてみたら、各店舗がドーム何個分、なんていう表示があって面白い。そう、ドームで勘定しなくちゃ広さをたとえられないような、アホみたいに広くて楽しいお店。守谷店はドーム2.5個分だそうな。
 ここでは、いつものお気に入りのクラフトコーナーで原毛を購入。このごろは原毛、フェルト作り、手紡ぎなどに興味が広がってきたのだ。

 その後は、最近できた大型複合施設や、別の大型ホームセンター(全て“大型”)めぐり。ペットショップではおおきな亀さんを触ったり、鳥やウサギを見て子供たちも大喜び。亀の甲羅は固いけど、足ってごわごわしてるけど柔らかいのね、初めて知りました。しーちゃんは、ばーばに買ってもらったばかりのスーパーボールを落っことしてしまい、ちょっと不機嫌に。そのあとしばらくは「カメさんだよ~」とか声をかけてもちっとも反応しなくなりました。あとで話を聞くと「だってしーちゃん、ぼーるおっことしたからおしゃべりしなかったの!」だそうで、自分なりにショックと戦っていたらしい。うむうむ。

2日目は茨城自然博物館へ。ここでは恐竜の骨格標本等を見ることができます。あーちゃんが今のしーちゃんくらい小さかった頃、お気に入りの恐竜模型を見つけてそこから動かなくなったことがあったのですが、しーちゃんは同じブースの別の恐竜模型を気に入り、やっぱり動かなくなりました。恐竜は子供の心を掴むのね。

今回は1泊だったので、ばたばたしっぱなしでしたが、虫の声を聞いたり、田舎道を散歩したりもできて、心はゆったり休まってくれたようです。ただ、筑波エクスプレスが開通したおかげで、あちこちで新しいお店ができたり、家が建ったり、道路が変わっていたり、中には嬉しい変化もあるけど、昔とは違うんだな、という寂しい変化が多く感じました。


編み編みでは、しーちゃんのニットを編んでおりました。はおり物なので、サイズを見ようと思ってしーちゃんの背中に当てた所、模様を見て「カメさん~!」とこんなポーズをとってくれました。

060916_siokame
今は写真よりはだいぶ進んでいますが、円の中心から編み始めずっと増し目なので、一周編むのにすごい時間かかって、それこそカメになった気分。今週中にはできるかなあ?

それから、はまり始めた原毛いじり、この間はwoolliesから投稿記念に頂いたボタンの裏に、クッション材として貼り付けてあった原毛を丸めてボールを作ってみました。
丸めた所060916_felt1→洗い後060916_felt2

原毛を丸めて、フェルティングニードルで刺し止めて、洗剤入りのお湯につけて丸めて、、、。フェルト作りは初めてだったので、あっという間にボールになってくれて感動!これは楽しい!この次はジョイフルで買った原毛で何を作ろうか、考え中。

2005.07.19

くるみぼたん

050716_kurumi初めて作ってみました。バザーの前の夜、子供たちを寝かしつけた後、ようやく思い立って「作るぞ!」と気合いを入れた瞬間、上のお姉ちゃんが「へへへ〜」と笑って現れました。うまく寝付けなかったみたいです。ということで、親子で一緒に作りました。
 手順は、結構簡単なのだけど、力の入れ具合がうまく行かないと、裏から当てている金具がぐにゃりと曲がってしまうようです。4つ作ったうち、2つ失敗してしまいました。でも、表から見たら全くわからないので問題なし。はじめの二つはシンプルに作って、3つめからは少し手を加え、一番手前のはピンクのラメ糸で☆を刺繍、その右となりはチロリアンテープを縫い付けました。
 初めてにしては、なかなか上出来かな?お姉ちゃんは髪止め用のゴムにしたいそうです。おませさん。