2005.10.31

素晴らしい!ディスクユーティリティ

事は1か月前に起こったのでしょうか、、、、私のMacのFinderが非常〜〜〜〜に動作が遅くなってしまって、
起動20分、まかり間違ってFinderのメニューにマウスが移動してしまうと20分、ファイル検索も20分、電源落とすのに20分、と、とんでもない時間がかかってしまい、仕事の疲れもあって、起動するのも億劫になってしまっていました。

 初期設定を捨てる、怪しい機能拡張をチェックする、PRAMクリア、などなど、私の知りうる限りの知恵を絞ってあれこれやってみましたが、どれも無効。

 う〜〜〜ん、と悩んだとき、Finderのヘルプ(開くのに20分)を根気よく見ていたら、それが見つかったのです。
そう、ディスクユーティリティ!
HDの中にも存在しますが、Macを購入したときに付属してくるシステムインストーラを使ってCDで起動し、起動後のメニューからディスクユーティリティをクリック、実行します。
これが一体何をしてくれるかと言うと、Macの中身を検証して、壊れているファイルを修復してくれたりするんです。、、、多分。それも、たった5分程度の時間で。
ノートン先生のような、楽しいグラフィックは無いですが、、、。

 最後の望みをかけて検証&修復〜〜!すると、すっかりMacの機嫌が良くなっているじゃありませんか!
機嫌が直るどころか、購入して、何もアプリケーションをインストールしていない時のような、あのスピードがよみ帰っているんです。すごい!

 「このごろMacの動作が重たくなったな、、、」という方にはおすすめです。
同じ様な悩みを持っている方の参考になればいいな、と思います。
ちなみに、うちのマシンはimac G5、OSは10.3.7です。